栄養満点でグルテンフリー。ニース生まれの「ソッカ」

写真拡大

いま南フランス・ニース地方の郷土料理「Socca(ソッカ)」がグルテンフリーな上、栄養価も高いと注目を集めています。
ひよこ豆の粉から作る「ソッカ」
ソッカは、ひよこ豆の粉を使ったクレープのような食べ物。地元ニースではソッカの専門店があり、おつまみや前菜として提供されています。自宅でも簡単に作れるので試してみる価値はありそうです。

ソッカの作り方
<材料>
・ひよこ豆の粉(オンラインショップでの購入が可能) 1カップ・水 1カップ・オリーブオイル 大さじ1と1/2・塩 小さじ1/2
<作り方>
1.ひよこ豆の粉・水・オリーブオイル・塩をボウルに入れてよく混ぜ、30分〜2時間程度寝かせる2.熱したフライパンに分量外のオリーブオイルを敷き、1の生地を流しいれる ※薄いソッカの場合には半量ずつ3.表面がほんのり色づくまで、3〜5分程度じっくりと焼く4.ひっくり返して裏面を焼く5.焼きあがったらまな板の上に移し、ナイフで切り分ける6.オリーブオイル・塩・コショウをかけて完成
お好みでハーブ類(ローズマリー・タイム・オレガノ)、にんにく、スパイス(チリパウダー・クミン・燻製パプリカ)でアクセントを加えても。
(「kitchn」より引用翻訳)

アレンジ方法
・お食事クレープのように野菜や肉を巻く・クリームチーズやフルーツを乗せる・ナンのようにカレーにと合わせて・ピザ生地に代用する
このように様々なアレンジが可能なので、飽きずに食べることができそう。野菜をたっぷりと巻いて、お弁当に持っていくのもおすすめです。
ニースでは、アツアツのソッカにほんの少しの塩・コショウで味付けしたシンプルな食べ方が好まれています。表面はサクッと中はふんわり。この食感を味わうには、焼き上がってすぐに食べるのがポイント。冷えたロゼワインと合わせれば、自宅でフランス気分が感じられそう。
大豆よりヘルシーなひよこ豆
ダイエット中はカロリーを出来るだけ減らそうと食事制限をしてしまいがち。肉や魚などのタンパク質不足は身体の不調を招くため避けたいところです。そんなとき、食物繊維やビタミン・ミネラルを多く含み、栄養バランスの良い豆類は強い味方に。とくにひよこ豆は大豆と比べてカロリーが低いのでダイエット中にもぴったりです。
朝食はもちろんおやつにも、パンやクレープが食べたいとき、代わりに「ソッカ」。取り入れてみたくなりました。
[kitchn]
(佐藤文香)