同僚男子から熱い視線…!誰でもカンタン「横顔美人」に近づく方法

写真拡大

男性だけでなく女性からも支持の高い女性の魅力の一つに、“横顔美人”というのがあります。ふとした瞬間に見える横顔がハッとするほど美しく、つい見惚れてしまう、そんな女性が社内に一人いるのではないでしょうか。もしかしたら、その一人はあなたかも?

横顔美人を代表する芸能人といえば、長澤まさみさんや堀北真希さん、小雪さんなどクールビューティ系で、どこかミステリアスな影を感じさせる人。サザンオールスターズやMr.Childrenなど男性アーティストの曲にも「君の横顔が〜」という歌詞が出てくるので、男性も横顔美人には惹かれるようです。

しかし、一体横顔美人の基準とは何なのでしょうか? 今回は、美容ライターの筆者が“横顔美人”の条件と近づく方法をご紹介します。

■“横顔美人”の基準、Eラインって?

横顔美人の基準と言われているのが、Eラインと呼ばれる顔のライン。鼻先と顎先を直線で引いたラインのことで、このEラインが綺麗だと横顔美人の仲間入りというわけです。

チェックの仕方は簡単で、「シーッ」と言う時にするように、人差し指を立てて口の前に持っていきます。その時、顎先と鼻先を指にくっつけた状態で唇が指に触れない、もしくは少し触れる程度が綺麗なEラインということになります。

外国人のように顔の凹凸がはっきりとしていることが美人とは限りません。正面も横顔も、大切なのはバランスです。

鼻の高さと顎の出方、そして唇の位置やボリュームといったバランスが取れているのが綺麗なEライン。人差し指やペンなどを使って、まずはEラインチェックをしてみてください。

■“横顔美人”に近づくヘアスタイル

Eラインが綺麗な人も、そうでない人も、ヘアスタイルで横顔美人度を上げることはできます! 最も横からが美しく見えるヘアスタイルは、前下がりのボブスタイル。頭全体から顎や首元、うなじまで美しいラインを描きやすいためです。特に横から見た時に立体感があり、美人な雰囲気を演出してくれますよ。

髪を切りたくはないという人には、アップヘアがオススメです。頭の高い位置でポニーテールやユルいお団子を作れば、横からのバランスが良く、すっきりと美しく見えます。顔周りにはおくれ毛束を少し出して、崩しを入れるとよりナチュラル美人に見えるはず。

過去記事「こなれヘアとぼさぼさはココが違う!プロ顔負け“崩しヘアテク”3つ」も参考にして、ヘアスタイルで横顔美人に近づきましょう。

■よく噛んで、顎を鍛えることで得られる効果

Eラインでもご説明したように、顎がしっかりとしていて少し出ているのが“横顔美人”に欠かせない条件です。これは遺伝もありますが、食文化の変化によって、固いものを噛むことが昔よりも少なくなり、顎が発達しなくなったと言われています。子どもの頃からしっかり噛み、鍛えていた人は顎が強い傾向があるのです。

20代以降に骨が成長するということは考えにくいですが、顎やフェイスラインの筋肉を鍛えて形が変わることはあり得ます。固いものを噛むことを意識したり、ガムを噛んだりすることで表情筋が鍛えられれば、老化に伴うたるみやシワの予防にもあります。

また、英語を話すことがリフトアップ効果に繋がり、横顔美人に近づく手段にもなるかもしれません。口元をよく動かして発音する英語は、話しているだけで口元を中心とした表情筋を無意識に使っているためです。英会話の勉強も兼ねて、自宅でこっそり練習してみては?

以上、“横顔美人”の条件と近づく方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分では見ることのない横顔だけに、どんな風に見えてるのか気になりますよね。Eラインをチェックして、上手にヘアスタイルを作り、一度自撮りして確認してみてください。

魅力的なあなたの横顔に、熱い視線を送る同僚男子が現れるかも!