満たされる。こだわりのごはんを時短で丁寧に作るコツ

写真拡大

美しいものは見ているだけで幸せな気分にさせてくれます。インスタグラマーのゆかりさん(@yucali.m)が投稿する料理写真の数々も、見ているだけで心が満たされるよう。今回は、ゆかりさんに、こだわりの料理がつくられる裏側・盛り付けのコツを教えてもらいました。
時間がないからこそ、準備が大事

ゆかり/yukariさん(@yucali.m)が投稿した写真 - 2016 6月 27 4:24午前 PDT

なんとゆかりさんはワーキングマザー。時間のないなかで、とても手のこんだ料理をつくっていてすごいなぁと感じていました。
ーーどんなことに心がけているのでしょうか?

「働いているので、短時間で調理できるおかずが大半です。つくりおきや簡単メニューであれば調理時間は30分程度。長くても盛りつけまでふくめ1時間以内でつくるようにしています。双子の子どもがいるので、必ず1品は子どもの好きなものを取り入れるようにしています」

やはり時間があるときにつくりおきしておくことが大切とのこと。さらに、最初から子どもの好きなものを入れておけば、食事の進み具合も期待できますね。
なんといっても、こだわりは盛りつけ

ゆかり/yukariさん(@yucali.m)が投稿した写真 - 2016 8月 21 5:11午後 PDT

ーーとにかく美しい料理の数々。盛りつけのこだわりは?

「器は、料理が映えるシンプルなものにしています。無地の白、黒、ガラス、木製が多いですね。陶器であれば九谷青窯、磁気であれば波佐見焼が気に入っています。器だけ置いてもバランスがよく見えるよう、コーディネートを心がけています。盛りつけの際は、彩りをバランスよくいれて、高さを出すように。手間ではありますが和食のときは薬味やあしらいも取りいれるようにしています」

ゆかりさんの写真には、たびたび「笹の葉」が登場しているのですが、これはネットで100枚・数百円ほどで買えるアイテムなんだとか。密封保存で長期間保存可能、冷凍保存も可能なので、これは真似してみたいポイントです。
時短で華やかなパーティーメニュー

ゆかり/yukariさん(@yucali.m)が投稿した写真 - 2016 7月 20 4:10午前 PDT

ーー今後、挑戦したいお料理はありますか?

「おもてなし、パーティー料理にチャレンジしたい。華やかでおいしくてボリュームがあり、なおかつ時短で簡単なメニューを考えてつくれたらと思っています。子どもの運動会も近いので、運動会弁当もつくりたいですね」

すでにおもてなしにピッタリな食事に見えますが、さらに華やかさを目指すとはさすが! ゆかりさんのパーティーメニュー、ぜひ見てみたいです。
[@yucali.m/Instagram]
あわせて読みたい
・あまくてホクホク。「坊ちゃんかぼちゃ」をまるごと味わう
・笑顔をより幸せそうに見せてくれる「つや玉」のちから(Sponsored)
・私おなら、30歳。最近ちょっとたまりがち(Sponsored)

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。