働き女子にはむしろコッチ?秋の夜長を楽しむ「夜活」リスト5

写真拡大

残暑もだいぶおさまり、朝晩は過ごしやすくなってきましたね。

ここ数年“朝活”がブームですが、朝早く起きるのはちょっと苦手という働き女子も多いのではないでしょうか。

そんなあなたは、夜時間を使って“夜活”してみませんか? 秋の夜長、夜を有効に使うことができますよ。

そこで今回は、働く女子に向いている“夜活”にぜひ取り入れたいことをお伝えします。

■ 秋の恵みをたっぷりいただく! 夜ごはんで夜活スタート

夜ごはんを食べると太ってしまう、という思い込み、ありませんか?

夜寝る直前に、お肉やお菓子など、脂分をたくさん食べると太る原因につながってしまいます。

そこで意識して摂りたいのが、旬の食べ物です。カボチャやくり、さつまいも、さんまなど、秋ならではの恵み。旬の食べ物を頂くことで、免疫力を高め、抵抗力を強くします。

調理して、次の日のお弁当まで一緒に作れば、経済的。女子力も上がりますよ。季節の変わり目に流行る風邪予防のためにも、夜ごはんをしっかりと食べ、夜活をスタートしましょう!

■ 勉強や読書で教養を深める

スキルアップや趣味として始めたい、英会話や資格取得の勉強。朝早く起きて……と考えて起きても、眠たくてなかなか頭に入らないなんてことも。

夜、ゆっくりとテキストを広げ、勉強した方が頭に入るかもしれません。仕事とは違う脳の使い方は、ストレス解消にもつながりますよ。

ゆっくりと読書をするのもおススメ。どこからか虫の声が響き、昼間よりひんやりとした風が入ってくる夜。自然と本の世界に入り込みやすく、ストレスも軽減します。

■ ゆったりと湯船に浸かる……リラックスバスタイム

暑い夏は湯船に浸かるより、シャワーで済ませてしまう人も多いバスタイム。秋の夜長を楽しむために、ゆっくりと湯船に浸かり、体をリラックスさせませんか? ほどよい熱さで筋肉もゆるみ、疲れた体も癒されます。

湯船に浸かる時は電気を消し、目を休ませるのもおススメ。パソコンスマホ、蛍光灯などで、毎日疲れている目。電気を消すことで緊張がほぐれ、疲れも和らぎます。

暗いと不安という人は、ろうそくを使ってみて! 暗い中にぼんやりと灯るろうそくの明かりを見ていると、心も落ち着き、目にもイイ効果がありますよ。

■ お風呂から出たら……パックや化粧水で肌ケア

ゆったりとお風呂に浸かった後は、肌のお手入れをしましょう。化粧水をたっぷりとしみこませ、お気に入りのクリームや乳液で保湿。パックをして、ゆったりと時間を過ごすのもイイですよね。

アロマオイルを焚くのもおススメ。ラベンダーのオイルは、質の良い睡眠をもたらしてくれますよ。

■ 瞑想で心を整える

日ごろストレスにさらされていると、頭を使わずぼーっとするということって、なかなかありませんよね。意識して何も考えず、無の状態になる“瞑想”をしてみましょう。

BizLadyの姉妹サイト、『美レンジャー』の過去記事「ビル・ゲイツも!1日2分で驚くほど心が整う“瞑想”のススメ」にもあるように、瞑想はストレスを軽減させてくれるだけでなく、様々な効果が!

あぐらなど呼吸がしやすい状態で座り、目を閉じます。鼻からゆっくりと息を吸い込み、吸い込んだ時間の倍かけて、ゆっくり吐き出します。

呼吸に意識を向けることで心が落ち着き、リラクゼーション効果も。イイ睡眠を得ることもできますよ。

以上、秋の夜長におススメ“夜活”でしたが、いかがでしょうか?

仕事やプライベートを忘れて“夜活”に集中することで、ストレス解消につながり、翌日へのエネルギーにもつながりますよ。

この秋はぜひ夜時間を有意義に使ってくださいね。