レクサス、パリモーターショー出展の「UX Concept」内装を一部公開

写真拡大

LEXUSは、2016年パリモーターショーで世界初公開するコンセプトカー「UX Concept」の内装の一部を公開した。UX Conceptは、次世代LEXUSコンパクトSUVの将来像を示すもので、力強く大胆なエクステリアデザインと先進技術を駆使したインテリアで独自の世界観を演出している。

インテリアは、ヒューマンマシンインターフェイス技術を採用し、三次元による先進的なドライビング体験を提供。運転席のインストルメントパネルには、透明な球体ホログラムが浮かび上がり各種情報を表示。センターコンソール上では、切子面のあるクリスタル形状の中のホログラムがエアコンやインフォテインメント情報を表示し、運転席・助手席両方から情報確認が可能となっている。

電子ミラーや調光ガラスといった最新の電子技術を搭載し、電子ミラーカメラにより、従来型ミラーより小型・薄型化が可能となり、車内スクリーンでミラーに映った状況が確認できる。

フィン形状にデザインされたAピラーや助手席側インストルメントパネルの取り外し可能なオーディオスピーカーが、インテリアのデザイン性を高めている。

■レクサス 公式サイト