四季折々の柄が魅力!365日シリーズのレターアイテム

写真拡大

“365日、暮らしに寄り添うノート” をテーマに、2013年より発売が開始され、静かな人気を集める「365notebook」をご存知ですか。

昔から日めくりカレンダーに使われてきた純白紙を用いたステーショナリーの新作は、シリーズ初のレターアイテムです。

日本の自然が育んだ四季の彩りをテーマに「桜 sakura」「霧 kiri」「楮 kouzo」「雪 yuki」の4柄を便箋&封筒で展開します。

 

[関連記事]手紙を書きたくなる美しさ!「モンブラン」スペシャル万年筆

 

■何気ない毎日の中で季節を感じ書き綴る楽しさを味わえる

 

「365notebook」シリーズ共通の特徴である純白紙を用いた便箋は、罫線のない無地タイプで、季節の色が淡いグラデーションで入っています。

6_pic

付属の下敷き(表 12mm縦罫/裏 7mm横罫)を透かして使うことで、書く時は罫線のある便箋のように書きやすく、仕上がりは無地の紙面にまっすぐ文字が並んだきれいな手紙になります。

5_pic

封筒は、自然の温もりとやさしさを感じさせる「里紙」でつくりました。紙の魅力を最大限に引き出すために、デザイン要素をワンポイントの箔押しのみにとどめることで、見た目も手ざわりも素朴でありながら上質な封筒に仕上がっています。同じ色の便箋と組み合わせることで、より深く365notebookシリーズの世界観が楽しめます。

2_pic

何でもLINEやSNSで済ませてしまう昨今、秋の夜長に日々の想いを季節の便箋に書き綴り、美しい封筒で送り届ける。そんな所作を身に着けてみたいものですね。

3_pic

便箋/210×148弌A5)100枚、下敷き付 562円

封筒/114×162弌瞥2)4枚入:518円

365notebook「365 letter 便箋/封筒」>> http://www.365series.net

 

[関連記事]
手紙を書きたくなる美しさ!「モンブラン」スペシャル万年筆

新しいカタチ!ケース入りでヨレずに使える蛇腹便箋

書きやすい!握りやすい!鉛筆みたいなシャープペン

(文/&GP編集部)