SIGGRAPH 2016にみた、10のVR/デジタルファブリケーション最新技術

写真拡大

年に一度開催される世界最大級のCGカンファレンス、「SIGGRAPH」。かつてはCGの技術研究が多く展示されたが、近年はVRやデジタルファブリケーションに注目が集まっているという。CGと先端技術の現在を、Creative Hack Award 2014のグランプリを受賞した山岡潤一がレポートしてくれた。

SLIDE SHOW 「SIGGRAPH 2016にみた、10のVR/デジタルファブリケーション最新技術」の写真・リンク付きの記事はこちら
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2/6筑波大学・岩田研究室のBig Robot Mk.1A。高さ5mのロボットを動かすことができる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3/6筑波大学・落合研究室のYadori。人間の動きがそのまま人形の動きに反映されている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4/6Squidsoupの巨大LEDディスプレイ。8064個のLEDは色を変化させて豊かな模様をつくりだす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5/6Deqing SunのPlinko Poetry。ボールの落ち方によってランダムに単語が選ばれ、詩が生成される。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6/6Plinko Poetryによってつくられた詩はプリントアウトされる。

Prev Next

INFORMATION

エントリー締切、延長! 10/5(水)まで受付中

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています。

2016年7月24日(日)から7月28日(木)までの5日間にわたり、アナハイムにて「SIGGRAPH 2016」が開催された。SIGGRAPHとはコンピュータ・グラフィックスに関する研究や作品の発表を行う世界最大のカンファレンスで、論文発表のテクニカルペーパー、Emerging Technologiesなどの展示ブース、企業展示、ポスター展示などから構成されている。

SIGGRAPHは今年で43回目を迎えるが、これまでは映画制作で扱われるコンピューターグラフィックスの技術研究などが多く扱われていた。しかし、近年は3Dプリンターを代表するファブリケーション技術が注目されており、ファブリケーションのためのコンピューターグラフィックス技術が多く発表されている。また、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)などのVR技術を使ったコンテンツや研究も多い。

そのなかでも特筆すべき、これから注目されるであろう最新技術をいくつか紹介しよう。

1.自らの身体が巨大化する感覚を体験

Emerging Technologiesという、最新の技術を体験できる展示ブースに入ると、一際目を引く巨大ロボットが見える。これは筑波大学・岩田研究室の「Big Robot Mk.1A」だ。体験者は高さ5mのロボットを自分の手足の動きで制御することができ、あたかも自分の身体が巨大化したような感覚を体験できるような設計となっている。

2.プロジェクションマッピングの「次」

東京大学・石川渡辺研究室の「ZoeMatrope」は、アニメーションのゾートロープ技法を応用している。複数の色やテクスチャーの物体を高速回転させ、コンピューター制御されたストロボ光を照射することで、任意の色やテクスチャーを配合することができるものだ。プロジェクターで映像を投射するプロジェクションマッピングとは異なり、物質そのものの色が変わっているように見えるところが特徴的。球体の表面の色が自然に変わっており、とても不思議な体験を味わうことができる。

3.生き物のような家具

KAISTのTetiana Pershakovaらによる「Ratchair」は、椅子など大きな物体に小型の振動アクチュエーターを取り付けることで、家具を移動させることができる技術だ。振動パターンを変えることで移動する方向などを制御することができる。移動している様子は生き物のようでとても愛嬌があった。

4.離れた人形に乗り移る

筑波大学・落合研究室は、遠隔コミュニケーションのための人形を使った対話システム、「Yadori」を展示していた。体験者がマスク型の装置を取り付け、体を動かしたり喋ったりすると離れた場所にある人形が同じ振る舞いをする。まるで人形に人が乗り移っているかのような動作を提供できるものだ。

5.立体映像×3Dプリンター

Studioというエリアでは、ワークショップ形式の展示が行われた。慶應義塾大学・筧研究室の「MiragePrinter」は、立体映像を組み合わせた3Dプリンターである。体験者が3Dプリンターの中を覗くと立体映像が映しだされ、実寸大の映像を編集すると造形物がプリントされる。体験型の企画としても、自分の指にフィットする指輪をつくるワークショップを開催していた。

6.巨大な空間ディスプレイ

Art Galleryというエリアでは、主にテクノロジーを駆使したアート作品が展示されている。なかでも目を引くのはSquidsoupのSubmergenceによる、8,064個のLEDを使った巨大な空間ディスプレイだ。さまざまな色と模様に変化するディスプレイには、実際に中に入って歩くことができる。

7.ことばのランダムジェネレーター

Deqing Sunらによる「Plinko Poetry」は、ピンボールのような装置の上からボールを落とすと、ランダムに単語が選ばれ、詩を生成する。単語はTwitterから収集されており、最終的には紙にプリントされて持ち帰ることができる。

8.コンピューテーショナル・ペイント

展示のほかには、同会場内でTechnical Papersという論文発表も行われていた。Christian Schüllerらの「Computational Thermoforming」は、ヴァキュームを使った真空成形法による立体造形にコンピュテーショナルな色付け作業を追加した研究である。従来だと立体物に色付けするのは難しかったが、この技術では、あらかじめインプットした立体物の形状を元に、表面の絵の形を調整してプリントすることで、真空成形した際に立体物にぴったりと絵をフィットさせることができる。

9.楽器を3D出力する

Dingzeyu Liらの「Acoustic Voxels」は、アナログな音響フィルタを3Dプリンターでつくるためのシミュレーションシステムだ。任意の音色をつくるためにあらかじめコンピューターが計算すると、空洞を自動的に生成してくれる。さまざまな音色の楽器を造形することができるのだ。

10.3次元オブジェクト

Eder Miguelらの発表は、針金を使って高速に3次元形状をつくることができる研究だ。インプットしたモデルデータを元に、機械が針金を曲げていき、最終的に人が組み合わせることで3次元の物体をつくることができる。

今年のSIGGRAPHはコンピュテーショナルな技法を組み合わせたファブリケーションの技術やHMDを使ったVR研究・コンテンツが多く目立っていた。次回のSIGGRAPH 2017はロサンゼルスで開催予定だ。

山岡潤一|JUNICHI YAMAOKA
1988年生まれ。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(PD)。 手作業などの創造活動を支援するファブリケーションツールの開発や、ヴァーチャルリアリティなどにかんする研究に従事。UISTやSIGGRAPHなどの国際会議で発表。またフィジカルとデジタルを融合させたメディアアート作品を制作・発表している。CREATIVE HACK AWARD 2014 グランプリ受賞 、TOKYO DESIGNERS WEEK ASIA AWARD 2014 デザイン部門準グランプリなど。http://junichiyamaoka.net/

INFORMATION

エントリー締切、延長! 10/5(水)まで受付中

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています。