キャサリン妃も実践?たんぱく質を思う存分食べられるデュカン・ダイエット

写真拡大

 あのキャサリン妃も行ったといわれる「デュカン・ダイエット」をご存知でしょうか? パリジェンヌのダイエット法として広く知られているそうで、簡単にいえば、たんぱく質はたっぷりお腹いっぱい食べてもOKというダイエットです。

 このデュカン・ダイエットの特徴は、4つのフェーズに分かれていること。

 最初のフェーズは体重が劇的に落ちる高たんぱく質ダイエットを行う期間。食事は肉や魚、卵などたんぱく質のみに限定し、水をたっぷり飲んで1〜2日過ごすのだそう。

 続いてゆるく落ちるフェーズ。たんぱく質のみの日もあれば、たんぱく質と野菜を食べる日もあるという中間的な期間です。

 次は維持するフェーズ。ここでは少量のパスタやチーズ、麦パンなどが食べられるほか、たんぱく質は無制限摂取OK。

 そして最後は、週1でたんぱく質のみの食事日をつくる、リバウンド対策の定着フェーズと続きます。

 普通に炭水化物を抜くだけなら、リバウンドは避けられないものです。その対策も万全なのがこのデュカン・ダイエットの特徴です。

 ただ、一部専門家からは、たんぱく質しか食べないダイエットは栄養が偏り過ぎて健康リスクがあるという指摘も。興味のある人は専門書をじっくり読んでから行ってみるといいのでは?