「ダービースタリオン マスターズ」で女性ジョッキートークショーを開催【TGS2016】
ドリコムは、2016年9月15日(木)〜9月18日(日)の期間で開催された「東京ゲームショウ2016」に「ダービースタリオン マスターズ」のブースを出展。9月16日に地方競馬女性騎手の別府真衣さん、木之前葵さんとお笑い芸人のダブルブッキングによる「女性ジョッキートークショー」を開催した。

当日は、高知競馬所属の別府真衣さんと名古屋競馬場所属の木之前葵さんが私服姿で登場し、競馬やプライベートに関するトークを行った後、「ダービースタリオンマスターズ」のゲームを実際にプレイした。

本イベントは、ゲストとして女性ジョッキー別府騎手と木之前騎手が「秋の勝負服」をテーマに普段なかなかお目にかかれない私服姿で登場。別府騎手は、落ち着いた秋カラ―を取り入れた大人女性スタイルの私服で登場し、木之前騎手は、デートを想定して選んだという私服姿を披露してくれた。

トークセッションでは、毎日夜中の1時〜3時に起床し、朝まで馬の調教をするというハードな騎手生活の苦労話やエピソード、また「外出は1ヶ月に1回のみ」だったという競馬学校時代のお話まで知られざる騎手生活の実態について語ってくれた。

また、休日の過ごし方を聞かれると別府騎手は、「サーフィンにハマっていて、よく海に行きます」アクティブな一面を明かした。男性の好みについ聞かれた木之前騎手は、「レースで遅くなって帰った時に、頑張ってごはんを作って待っていて欲しい」と理想の男性像についてコメント。これには一同が同調し、女子トークに華を咲かせ盛り上がった。

イベントの中で、普段ゲームをする機会がないという別府騎手と木之前騎手が、ダービースタリオンマスターズをプレイ。レース出走の場面では、二人とも夢中になってご自身の馬を応援し、レース終盤に差し掛かると会場も一体となってレースの行方を見守り、大いに盛り上がった。リリースされたら是非やりたいです。」と感想を述べていた。

■ダービースタリオン マスターズ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・TGS注目のタイトル「V!勇者のくせになまいきだR」【TGS2016】
・東京ゲームショウ2016は過去最高の27万1,224人を記録【TGS2016】
・東北の未来につなげる年賀状を作ろう。「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」を開催
・20周年を迎える「東京ゲームショウ2016」が開幕
・モンスターエナジーが「ストリートファイターV - Evil Geniuses 勝ち抜きバトル」を開催