ヒェ〜!2位起きたら出社時間「20代が経験したアクシデント」1位は

写真拡大

人生は平穏な毎日ばかりというわけではありません。生きていれば、誰にでもさまざまなハプニングがあり、いいことだけではなく、悪いこと、嬉しいこと、悲しいこと、危険なこと、悔しいこと……など、いろいろあるでしょう。

では、イマドキの20代男女は、どんなアクシデントにどのくらいの割合で遭遇しているのでしょうか?

そこで今回は、第一生命保険が20代男女689人を対象に過去3年以内の経験を調査した「U-29リスク調査」の結果をご紹介しましょう!

■20代男女2割が「スマホの画面を割ったことがある」!

日常で起こる様々なアクシデントって、どのくらいの割合で起こっているかご存知ですか? 20代男女に“過去3年間”に起こったアクシデントに関して質問したところ、多かったのは下記の結果になりました。

1位・・・スマートフォンの画面を割ったことがある(19.2%)

2位・・・目覚めたら出社時間だった(14.4%)

3位・・・SNSでブロックされた(12.6%)

4位・・・健康診断で再検査になった(12.3%)

5位・・・夏に熱中症になった(12.2%)

1位は「スマートフォンの画面を割ったことがある」で、約5人に1人が経験していることになります。

スマホをパンツのポケットに入れていて、トイレなどで脱いだとき落として割った、持っている手が滑って落とした、浮気がバレて投げつけられた……と、さまざまなシチュエーションが考えられますよね。

2位は「目覚めたら出社時間だった」。体力もあり、学生ならば時間も多いにあるため夜遊びすることも多い20代の男女、気づいたら寝ていて翌朝起きられなくて真っ青……という展開でしょうか?

3位は「SNSでブロックされた」で、デジタルネイティブ(生まれたとき、または物心がつく頃からインターネットやパソコンのある生活環境で育ってきた世代)らしい結果かもしれませんね。

別れた元カレにブロックされたり、友達とトラブルがあって消されたり……というのはちょっとショックで寂しいですよね。

4位は若いながらに意外と多かった「健康診断で再検査になった」、5位は「夏に熱中症になった」でした。

■恋人の浮気は女性の方が多く経験している!

ちなみに、恋愛に関するアクシデントでは、「初デートでキスした」が8.7%、「恋人にスマートフォンをこっそり見られた」が7.4%、「恋人が浮気していた」という人は6.4%。

浮気については、男女で数値に差が。男性は4.6%、女性は8.3%と、女性の方が多く浮気される側を経験していることがわかりました。

また、「恋人にスマートフォンをコッソリ見られた」の7.4%よりも、「恋人のスマートフォンをこっそり見た」が12.6%と多い結果が出ています。「恋人が浮気していた」と答えた女性は、恋人のスマホを見て浮気に気づいた、という展開も多そうですね。

または、浮気を疑ってスマホをこっそり見たシチュエーションも大いにあり得そう。

■スマホは“浮気の証拠の温床”……見ると信用を失うリスクも

姉妹サイト『WooRis』の記事「お見通しだ!“夫の浮気を見破る方法”2位の携帯を調べるより簡単な1位は」によると、妻が夫の浮気に気づいたきっかけ1位は「メッセージを偶然見た」(42%)、2位は「携帯電話を調べた」(24%)という結果に。

というわけで、スマホは“浮気の証拠の山”である場合が多く、見るならば何かよからぬことが発掘される可能性を覚悟しておいた方が良さそうですね。

しかし、証拠を見られるからかどうかは別にして、男性は女性に自分のスマホを勝手に見られるのを嫌う人が多いよう。

『VenusTap』過去記事「4位スマホの盗み見!男が“信用できない”と別れたくなる彼女TOP5」によると、「信用できずに別れを考えてしまう彼女の行動ランキング」で、「自分のスマホを勝手に盗み見している」(19.0%)が4位となっています。

たとえ偶然見てしまったとしても、スマホで見たメッセージを浮気の証拠として突きつけると、逆ギレされてそのままお別れにつながる可能性も高そう。関係を再構築したいという場合は、別の方法で証拠を収集したほうがいいかもしれません。

長い人生、恋愛・結婚で幸せの真っ只中にいたつもりが、ある日相手の浮気を発見し、奈落の底に突き落とされる思いをする可能性もあります。それでも、人間とは真の幸せを探し続けて生きていくもの。

不幸があったら、次には幸せがやってくるとポジティブに考えて生きていきましょう!