休日メイク。眉毛だけなら「ふんわりひとはけ」で素肌になじむ

写真拡大

ノーメイクで過ごしたい休日。

でも何もしないまま近所の買い物へは行きにくいので、眉だけメイクするようにしています。

このとき気をつけたいのが、素肌と眉のコントラストが強くなりすぎないようにすること。

素肌になじませるには、眉を描いたあとの"ひと手間"が大事なんです。

眉と肌の境目をなじませる

ベースメイクをしていない顔に眉だけを描くと、どうしても眉が顔から浮いたように見えてしまいます。

そんなときは、眉を描いたら、ファンデーションやシェーディングパウダーを小さめのブラシに取り、眉と眉まわりの肌にふんわりとひとはけ。

このひと手間を加えるだけで、眉とメイクをしていない素肌の境目がぼやけ、顔になじみやすくなります。

眉部分だけ下地をつくる

また、もしアイブロウペンシルを使ったときに、「いつもより描きにくいな」と感じたら、それはファンデーションをのせていない、素肌だからかもしれません。

というのも、メイクアイテムのほとんどは、ファンデーションやパウダーをつけた肌の上で、色がきれいに出るようにつくられています。ファンデーションがのっていない素肌の上では、アイブロウの色が出にくいそう。

眉を描く前にパウダーなどを軽く眉部分にはたき、下地をつくってあげると描きやすくなります。

ゆるい空気が流れる休日の街には、カジュアルなメイクが似合います。

こちらも読まれています

楽しさの裏に涙あり。夏満喫しすぎて失敗しちゃったエピソード #sponsored

・しあわせな時間持続。ロブションの美味しさがジェラピケになった #だら活

・だらだらすることって、睡眠と同じくらい大事なんだよ〜 #だら活

写真/Shutterstock

※この記事は2015年4月に掲載したものを再編集しています。