市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんが闘病中であることを公表した乳がん。女性にとっては身近になってしまったこの病気のリスクを高める原因に「都市で生活をしている」ことも挙げられる、という研究結果が明らかになりました。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』で詳しく紹介されています。

乳がん:特に都会に住む人は要注意!

このところ、市川海老蔵さんの奥様の小林麻央さんの乳がんに関する話題が、毎日のように出ていますね。

国内における乳癌の頻度は年々増加しており、1年間に約3万6,000人の方が乳癌と診断されています。この乳癌による死亡は、日本の女性の癌による死亡の第4位にあたります。

検診による早期乳癌の診断率の向上が上がってはいますが、その原因としては、食生活などの生活の欧米化、晩婚に伴う初産年齢の上昇などが考えられています。特に、都会に住む女性は乳がんのリスクが高いとの報告が、英国よりありますのでお知らせします。

これは、ロンドンのプリンセス・グレース病院のニコラス・ペリー博士がシカゴで開催された北米放射線学会で報告したものです。

● Does City Life Alter Breast Density?

最近、乳房エックス線撮影(マンモグラフィー)がよく使用されるようになって来ました。この検査を行うと、乳房腺が多くなって細胞組織密度が高い女性では、脂肪が多い女性よりも乳がんにかかる確率が高いことが知られています。

そこでこの研究者らは、この乳房組織の密集度と、住んでいる地域との関係を調べました。都市部、都市郊外、農村地域に住む972人を調査したところ、ロンドンなどに住む女性は都市部以外に住む女性よりも乳房組織の密集度が大幅に高いことがわかりました。この傾向は、50歳未満の場合にはより明確だったということです。

また、中国でも乳がんが急増しており、生活の西洋化やストレスが原因と報告されています。特に北京や上海では、10年前に比べ、北京で23%、上海では31%増えたとのことです。

乳がんの場合、遺伝によるものは10%程度で、一番の原因は不健康な生活であるといわれています。酒、たばこ、食生活の西洋化による肉類のとりすぎ、女性ホルモン入り化粧品などの使用と共に、都会生活でのストレスそのものにも注意が必要のようです。

乳がんの早期発見を目指すピンクリボンの運動が盛んになってきましたが、女性の皆様、特にストレスの多い都会の方はこの運動をご理解し、早期発見を心がけられますよう。

image by: Shutterstock

※【お詫び】当記事に「川島なお美さんが乳がんで亡くなった」という誤った記述があるとのご指摘をいただき、修正した上で更新させていただきました。関係者の方々並びに読者の皆様にご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫びを申し上げるとともに、当該記述を訂正させていただきます。本当に申し訳ございませんでした。

 

 『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』

こっそり、目からウロコの情報をお教えします。世界の医学誌からの信頼情報のみです。専門家も知らない情報を先取りして、健康維持に。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!