写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●預骨に迎骨、送骨……多様化する「遺骨サービス」
NHKは9月21日、「あなたの遺骨はどこへ 〜広がる"0葬"の衝撃〜」と題したクローズアップ現代+を放映。死後に引き取り手が見つからない遺骨を取り巻くさまざまなサービスや、変容する「弔いの形」を紹介した。

放映後には、家族に引き取られず、先祖代々のお墓にも入れない遺骨の行く末を目の当たりにした人たちが、インターネット上に数多くの意見を述べていた。

○骨を預けて音信不通になる人が増加

現代社会では、死者を弔う形が多様化してきている。これまでのように家族の手で亡くなった人を埋葬するのではなく、第三者に遺骨を委ねる以下のようなサービスも始まっている。

■預骨……親族らがお墓を用意できるまで一時的に遺骨を預かるサービス
■迎骨……家などの保管場所まで遺骨を引き取りに行くサービス
■送骨……遺骨を宅配便で送るだけで合同のお墓に埋葬するサービス

「家族が葬儀もせず、遺骨も引き取らず、お墓も作らないこと」を一部の業界では「0葬」と呼ぶそうだが、この0葬が近年、広がりを見せているという。

埼玉県のある葬儀会社は、お墓を購入できない遺族のために預骨のサービスを行っている。3万円で預けられ、これまで2,500人分もの遺骨を預かってきた。毎月3〜4件の依頼があり、多いときは10〜20件にも及ぶそうで、同社の男性は「5年前より倍近く増えている。(預かる)スペースがなくなるので増やさなくてはならない」と話す。

同社に父親の遺骨を預けているという男性は、母親の医療・介護費がかさみ、100万円以上するお墓は購入できないという事情があり、「なんとかお墓に入れてあげたい気持ちはありますけれど、手が届かない」。

男性のように預けている遺骨のもとに足を運ぶ人がいる一方で、遺骨を預けたまま音信不通になる人が最近増えてきたとのこと。「こちらのほうでどうにか処分してもらえると考える方もいる」と葬儀会社の男性は話した。

○合同で遺骨を埋葬

遺骨を預けっぱなしにしている人にはどのような事情があるのか――。番組は、9年間誰も手を合わせにこない男性の遺骨の家族に会いに行く場面へと変わる。男性の妻を直接尋ねに行くと、遺骨を手放したつもりでいたという妻は「捨てちゃっていい」と素っ気なく話した。

亡くなった男性とは20年以上も別居しており、ある日突然、男性が孤独死したことがわかり、警察から遺骨の引きとりを求められたという。お墓もなく、自宅に置いておけなかったため、取りあえず預骨したとのこと。別居後も男性の借金を押し付けられたというその女性は、年金暮らしで生活に余裕がなかった。

この男性の骨を預かる葬儀会社は、預け期間が過ぎたり、引き取り手がなかったりする遺骨は合同墓に埋葬している。画面には、次々と骨つぼから取り出される遺骨が映し出されていた。その日、合同墓に埋葬されたのはこの男性を含む41体の遺骨で、家族の立ち合いはなかったという。この葬儀会社は、これまでに200体以上もこうして埋葬しているそうだ。

遺骨の引き取り手がおらず、自治体の無縁墓地に埋葬される遺骨も増えている。埼玉県さいたま市における無縁墓地への埋葬件数は2003年に33件だったが、2015年には188件にまで増加。この変化には、生涯未婚や熟年離婚など、家族の形の多様化も関係していると考えられている。

●離婚した男性の遺骨がもたらした家族の変化
続いて、足が悪いため遠出ができない70代の女性が夫と死別した後に迎骨のサービスを利用する様子が紹介された。

女性は高齢で結婚したため、夫の親戚を知らず一緒に入る墓もない。年金生活で十分な蓄えもなく、新たにお墓を購入できないためやむなく自宅に遺骨を置いていたが、「ストレスがすごかった。お骨があると責められている感じがした」と話す。そんなとき、迎骨のサービスを知り、利用することを決めた。

3万円と交通費を支払えば、NPOのスタッフが遺骨を引き取った後、寺の合同墓に運び埋葬してくれるという。遺骨を引き取る車が去っていくのを喪服姿で見送った女性は「ほっとしたという感じもあります。悩んでいたから」と心の荷が下りたようだった。迎骨をしているNPOには年間2,000件の問い合わせがあるそうだ。

○送骨利用者の思い

本来は遺骨を引き取る家族・親族の関係が疎遠になっていることなどが背景となって生まれたサービスもある。それが送骨だ。送骨を利用した人は、どのような思いだったのだろうか。

送骨を利用した女性はある日突然、14年前に離婚した元夫の死亡を知らされた。と同時に、元夫のいた自治体から遺骨を引き取るよう依頼された。離婚後、女手一つで2人の娘を育ててきたという女性は当初、戸惑った。離婚後ほぼ音信不通だったのに、なぜ私が遺骨を引き取らないといけないのか――と。

ただ、遺骨をいったん引き取ったことで、家族に変化があったという。元夫が撮影した昔のアルバムに収められている娘の写真を眺めた女性は、「子煩悩でしたから」と昔の記憶をかみしめるように、懐かしむように話していた。

元夫との14年ぶりの"対面"を果たすと、送骨までの10カ月間を一緒に過ごした。画面には、女性と女性の娘が遺骨の前で合掌する姿が映し出されていた。「ありがとうって言いたいです」と話す娘と一緒に遺骨郵送の準備をする女性。送骨がせめてもの供養の形だと考えている女性は、「安らかに新しい場所で子どもたちを見守ってください」と願っていた。

●埋葬の形は「縦」から「横」への広がりを見せ始める
家族としての在り方や価値観の多様化などに伴い、「新しいお墓の形」も生まれてきている。例えば、老人ホームなどで終の棲家(ついのすみか)を過ごした人たち同士で一緒にお墓に入ったり、生活協同組合などのような会員同士での埋葬を希望したりといった具合だ。先祖代々の「縦のつながり」ではなく、血縁を持たない人たちによる「横のつながり」を重視する人たちが増えてきているようだ。

今回の取材に同行した作家・重松清さんは、番組内で「遺骨の扱い方が変わっていくということは、僕たちの死んだ後がどう変わるか、残された人が亡くなった人とどう付き合っていくかの変化にもつながっていく」と持論を展開。そして、残された人と亡くなった人との関係性は一様ではないため、遺骨との付き合い方には選択肢があるべきと話した。

○生きている間の他者との縁の必要性

番組の放映後、インターネット上には「避けては通れない現実だ」「家族と死という、最近少し考えていたことを再考させられた」などのように、0葬と自分は決して無関係ではないと考えている人のコメントが散見された。

また、「自分の遺骨の扱いの準備をしておかねば」「自分が亡くなった後はどうするか決めているが、親類とよく話しておかないといけない」「いろいろと思うところがある」といった趣旨の意見も見られるなど、自身の立場に照らし合わせて共感に似た思いを抱く人が多かったようだ。

重松さんは、「引き取ってもらえない遺骨も哀れだが、引き取りたくない遺骨を引き取らないといけない家族も哀れ」と話した。生きている間に家族を含め、他人とどれだけ強い縁を結べたかが、弔いの形を左右する現実をまざまざと見せつけられた。

諸行無常。生あるものは、いつしか必ず滅ぶ。自分の死後の在り方に興味を示さない人もいるが、それは個人の自由として尊ばれるべきだろう。ただ、多くの人は泣き叫びながら生まれ落ちた姿を、周囲の人から笑顔で迎え入れられているはずだ。それならば、死にゆくときはその逆に、満足いく生に自ら笑みを浮かべたまま、周囲の人に惜しまれつつ旅立ちたいものだ。

※写真と本文は関係ありません