KISSと鉄腕アトムのコラボビジュアル。KISSメイクのアトム。

(C)TEZUKA PRODUCTIONS (C) 2016 KISS Catalog, Ltd.

KISSメンバー所蔵のメモラビリアを公開する世界初のエキシビション「KISS EXPO TOKYO 2016 〜地獄の博覧会〜」(10月13日〜31日)で、KISSメンバーと鉄腕アトムのコラボレーションが実現する。

「鉄腕アトム」が海外ロックミュージシャンとコラボレーションするのは今回が初。「鉄腕アトム」の大ファンであるジーン・シモンズ氏と、KISSの大ファンである手筭プロダクション取締役の手塚るみ子氏によりコラボが実現した。

会場には、手筭プロダクション監修のもとイラストレーター・金子ナンペイ氏が制作したKISSメンバーと鉄腕アトムのコラボレーション絵画を展示。KISSのアルバム「Love Gun」「Destroyer」のジャケットをモチーフに、鉄腕アトムを描いたという。

会場ではまた、「鉄腕アトム& KISS」コラボグッズも販売。KISSメイクをした鉄腕アトムのTシャツ(キッズ、レディース)、金子氏の絵画がプリントされたクリアファイル、金子氏の絵画のキャンバスアートを用意する。

コラボについて、ジーン・シモンズ氏は、「アストロボーイは、子供時代の懐かしい想い出を蘇らさせてくれる。 昔、まるで自分がアストロボーイになったつもりでソファーから飛び降りていたのを想い出す。そう、邪悪な悪者と闘い、空を自在に飛び、全ての人を悪から守ってくれた、小さなロボット・ボーイになったつもりで」とコメント。

手塚るみ子氏は、「2001年、キッスのフェアウェルツアーの前日、私の目の前には憧れのロックスター、ジーン・ジモンズが座っていました。それは彼のアートグラフの記者発表でしたが、親日家のジーンは子供の頃に影響を受けたTV番組に日本のアニメ『アストロボーイ』があったと話し、その場で主題歌を口ずさんでくれたのです。なんという感動だったでしょう!あのジーンが父のアトムを!!その時から私には一つの夢ができました。いつかキッスとアトムをコラボレーションさせてみたい・・・。そして15年の時を経て、今その夢が叶う日がやってきました。時を越えて。空を越えて。ららら♪ そう、今日からアトムもキッスアーミーです」とメッセージを寄せている。

「KISS EXPO TOKYO 2016 〜地獄の博覧会〜」は、KISSメンバー全面協力の公式プロジェクトで、メモラビリアほか彼らの42年間に及ぶ活動の歴史を彩る貴重なアイテム約100点を展示。KISSメイク体験のプレゼントや、メンバーが使っていた楽器に触れられるステージセット、ジーン・シモンズの自宅ミュージアムやポール・スタンレーの自宅アトリエをVR(バーチャルリアリティ)で体験できる企画、グッズ販売などを展開する。

「KISS EXPO TOKYO 2016 〜地獄の博覧会〜」の会場はラフォーレミュージアム原宿。開催期間は10月13日〜31日、開催時間は11時〜21時(初日は18時〜)。

「KISS EXPO TOKYO 2016 〜地獄の博覧会〜」 (C)2016 KISS Catalog, Ltd.

「Love Gun」

キャンバスアート その1

(C)TEZUKA PRODUCTIONS

(C) 2016 KISS Catalog, Ltd.

「Destroyer」

キャンバスアート その2

(C)TEZUKA PRODUCTIONS

(C) 2016 KISS Catalog, Ltd.

▼リンク

「KISS EXPO TOKYO 2016 〜地獄の博覧会〜」オフィシャルサイト

http://kissexpo2016.jp/