写真提供:マイナビニュース

写真拡大

新たに誕生した男子プロバスケットボール・Bリーグ開幕戦「アルバルク東京×琉球ゴールデンキングス」を生中継したフジテレビの番組平均視聴率(22日18:30〜20:54)は、5.3%となった。

Bリーグは、分裂した2リーグが統合して誕生した、新たなプロリーグで、開幕戦チケットは完売。フジはこの試合を"歴史的開幕"と銘打ち、番組MCにジョン・カビラと加藤綾子を起用。応援キャラクターに広瀬アリス・すず姉妹が起用され、試合前にはE-girlsの藤井萩花・夏恋による姉妹ユニット・ShuuKaRenが、公式テーマソング「Take-A-Shot! feat. PKCZ(R)」を、史上初の全面床面LEDコートでショウアップされた光のパフォーマンスの中で披露した。

また同局は、情報・バラエティなどの垣根を超えて、さまざまな番組で特集を組んだり、若者層向けに3夜連続ドラマ『バスケも恋も、していたい』(19〜21日23:00〜)を編成したりと盛り上げを図ったが、視聴率面でロケットスタートとはならなかった。

なお、同時間帯では、18年間続いたテレビ朝日『いきなり!黄金伝説』(19:00〜21:48)の最終回スペシャルが放送され、こちらは番組平均14.9%と、有終の美を迎えた。

視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区。

撮影:田中栄治