【セルフネイル】この秋はアニマル柄が旬!誰でも簡単に描けるヒョウ柄ネイル

写真拡大

今年の秋冬のトレンドといわれているアニマル柄。そんなアニマル柄をいち早くネイルで取り入れてみませんか。今回は、アニマル柄の中でもコツをつかめば簡単に描けちゃうヒョウ柄ネイルを紹介します。

<用意するもの>

ビニールテープ(マスキング用)
※事前に3cm程度の長さに細長く切ったものを4本用意しておく。
ネイルポリッシュ(クリアホワイトラメ、ベージュピンク、パープルグレー、ワインレッド)
ベースコート
トップコート

STEP1. ベースカラーを塗る

ベースコートを塗って乾いたら、クリアホワイトラメのネイルポリッシュを2度塗りします。その上にトップコートを1〜2度塗りして表面を平らにし、完全に乾かしておきます。そうすることでラメの凸凹がなくなり、STEP2.のマスキングが失敗するのを防ぐことができます。

STEP2. ビニールテープでマスキングしてヒョウ柄のベースカラーを塗る

カーブをつけながらビニールテープを爪に貼り、ベージュピンクのポリッシュを塗ります。カーブをつけるときは、端と端を指でつまみ少し引っ張って柔らかくしておくと◎。また、ビニールテープは指の腹でしっかり押さえて爪に密着させることも、上手にマスキングをするポイント。塗ったらすぐにビニールテープをはがして乾かします。

STEP3. ヒョウ柄を描く

パープルグレーのポリッシュの刷毛をボトルの口でしごき、刷毛先に1滴にも満たないくらいの少量のポリッシュを取ります。そして、ベージュピンクの上に刷毛をそっと置き、軽く引っ張るようにして模様をつけます。

模様をぎっしり詰めてしまうと、くどくなるので、間隔を開けて!

さらに、レッドポリッシュの刷毛をボトルの口で平たくなるまで両面からしごき、STEP3.で描いたパープルグレーの模様の周りを囲むように塗ります。ただし、完全に囲まず、少し隙間をあけるようにしてニュアンスをつけて。

刷毛の角を使い、少しかすれるようにするとヒョウ柄っぽくなります。

そして、写真の黄色の囲み部分に、パープルグレーの周りを囲んだ時と同じようにレッドポリッシュ単色でヒョウ柄を描きます。

STEP4. 仕上げ

ラインがカーブするイメージで、2か所にビニールテープをマスキングします。ベージュピンクとビニールテープの間をレッドポリッシュで塗り、ポリッシュを塗り終わったらすぐにビニールテープをはがしましょう。最後にトップコートを1度塗りして完成です。

かわいらしくみせたいときはピンク系、クールにみせたいときはブルー系など、色のバリエーションで楽しむことができるヒョウ柄ネイル。ぜひマネしてみてくださいね♪

【使用化粧品】
インテグレート ネールズN(クリアホワイトラメ02、ベージュピンクBE109、パープルグレーVI715、レッドRD610)
インテグレート トップ&ベースコート N【関連記事】
・ ヒョウ柄などのアニマル小物は「顔周りから離す」が鉄則!プロ直伝のコーデテク
・ 【セルフネイル】マスキングテープでOK!マット×ツヤの簡単ブロックネイル♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。