テックはもはやアメリカ文化のメインストリームなのだ:全米最高の文芸誌『New Yorker』がテックカンファレンスを開催

写真拡大

米国の老舗文芸誌『New Yorker』。テックカルチャーとは程遠いと思われてきた彼らは今年、「TechFest」と題されたテックカンファレンスを初開催する。時代を代表するイノヴェイター & ジャーナリストは、いまやアメリカ文化の中心に据えられたテックカルチャーをいかに語るのか。

「テックはもはやアメリカ文化のメインストリームなのだ:全米最高の文芸誌『New Yorker』がテックカンファレンスを開催」の写真・リンク付きの記事はこちら

まだ『WIRED』US版の編集長だったころ、クリス・アンダーソンが「アナ・ウィンターやデヴィッド・レムニックみたいな人たちと同じ会社で働けるなんて、やっぱ、すごいことだし、光栄に思う」と嬉しそうに語ってくれたことがある。

『WIRED』を擁するメディアコングロマリット「コンデナスト」は『VOGUE』を筆頭に『GQ』『Vanity Fair』といったタイトルをグローバルに展開しており、それぞれのタイトルを率いる編集長は絶大なカリスマと影響力とをもって世界に知られている。そうした綺羅星のごときスター編集長群のなかから(もちろんアンダーソンもそのうちの1人だった)、アンダーソンはとりわけリスペクトする「同僚」として、まずは泣く子もだまる『VOGUE』の女帝の名を挙げたわけだが、その次に名の挙がった「デヴィッド・レムニック」の名を知る人は多くないかもしれない。

レムニックは、コンデナスト・グループにあってひときわ異彩を放つ老舗週刊文芸誌『New Yorker』の編集長だ。文芸誌と書いた通りワールドクラスの著者による小説や詩も多く掲載されるが、『New Yorker』のさらなる魅力は、硬派なロングフォームジャーナリズムにある。社会事象から政治、文化、テクノロジー、スポーツなど、領域を問わない知的で読み応えのあるノンフィクションストーリーは、アメリカの雑誌ジャーナリズムにおける良心と目される(ちなみに『WIRED』日本版でも折に触れて「New Yorker」から記事を翻訳掲載してきた。「ソイレント」や「絶滅言語」についての記事がそれだ)。

映画『プラダを着た悪魔』で、ジャーナリスト志望のアン・ハサウェイが「ニューヨーカーの編集者を紹介するよ」と誘われて彼氏とのデートをいともあっさりうっちゃるシーンを覚えている方も多いだろう。駆け出しジャーナリストのハサウェイはもとより、テックメディア界きってのカリスマだったアンダーソンをして無条件に頭を垂れるのだから、その尊敬のされ方がお分かりいただけるだろう。ちなみにレムニックは、ソヴィエト連邦の最後の日々を綴ったノンフィクション作品『レーニンの墓』でピュリッツァー賞を受賞し、その後、オバマの評伝も執筆している。

『New Yorker』は、毎年「The New Yorker Festival」という、文学、演劇、映画などをテーマにした「カルチャーフェス」を開催してきたが、今年10月には、なんと「テック」をテーマにしたカンファレンスを行うという。「New Yorker TechFest」と題されたこのイヴェント、「テクノロジーがいかにわたしたちの文化を象っているのか」をテーマに、レムニックが自らホストを務める。

登壇者には、Slack、Netflix、Tinderのファウンダーのほか、先鋭的VRスタジオWevrのコファウンダー、グーグルVR部門のプリンシパル・ディレクター、さらにはラッパーのNas(ヴェンチャーキャピタルQ.B.V.P.の創業者としての登壇)、心理学者にしてノーベル経済学賞受賞者のダニエル・カーネマンなど、錚々たる大物が顔を揃えるのはさすがというほかない。

そして、それぞれの登壇者に対して『New Yorker』編集部の敏腕スタッフが聞き手として参加。先端科学からプライヴァシー、ダークウウェブ、AI、VRといったトピックをめぐって、時代の最前衛をゆくイノヴェイターたちを、アメリカが誇るエディターとジャーナリストたちが迎え撃つという贅沢な図式だ。

『WIRED』ならいざ知らず、テックカルチャーとは最も縁遠いと思われてきた『New Yorker』が、こうしたテクノロジーをテーマとしたカンファレンスを開催するのは、テックカルチャーがすでに社会のメインストリームとして、もはや抜き差しならない影響力をもっていることの証左に他ならない。

それは、既報の通り、US版『WIRED』11月号でオバマ大統領が、現職の大統領としては初めて商業誌のゲストエディターを務めることと表裏をなしつつ、アメリカ社会の大きな地殻変動を表しているにように見える。

そういえば、この初夏には、ヒラリー・クリントンが「Technology & Innovation Initiative」が発表し、「テック経済をアメリカのメインストリートに打ち立てる」としていたが、それが実現したなら、テックやサイエンスのイノヴェイターたちは堂々たるメインプレイヤーとして、さらなる影響力をもってアメリカ社会を、そして世界をかたちづくっていくことになるのだろう。

テクノロジーとビジネスとカルチャーとが社会のメインストリームにおいて融解した、新時代の「カルチャー・イヴェント」としての「New Yorker Tech Fest」。注目されたし。wired.jpでは、ニューヨーク在住のジャーナリスト佐久間裕美子による本イヴェントのレポートを掲載する予定だ。お楽しみに!

The New Yorker TechFest

10月7日、ニューヨークにて開催。チケット購入はこちらから。

INFORMATION

10/19開催! オルタナティヴな未来を考える1dayカンファレンス「FUTURE DAYS」

ビジネス+カルチャー+テックのオルタナティヴな未来を夢想・構想する越境型カンファレンス、WIRED CONFERENCE 2016「Future Days」は10/19開催! 人工知能、ブロックチェーン、IoT…。新たなテクノロジーがもたらす可能性を語り、いまとは決定的に異なった「未来の日々=Future Days」を夢見る1日。

RELATED