叶姉妹が教える「食べたいものを食べるダイエット」のメカニズムとは?

写真拡大

 よく、「食べたいものを食べても痩せられる」と聞くことがありますが、なぜなのか不思議に思いませんか? その謎を解明していきましょう。

 一般的に、多くの人々がダイエットでつまづくのは、食べたいものをガマンするのが限界にきてしまい、ストレスが高じてしまうこと。

 叶姉妹の姉・恭子さんによれば、食べたいものを食べることで「幸福感」が得られ、それが「脳と体に代謝アップのホルモンが働きかける」のだそうです。

 このシステムを上手く活用したものが、このダイエット法なのだそう。これからは、食べたいものをガマンするより食べるダイエットに変えてみるのもいいかもしれません。

 恭子さんが言うように、ダイエットは代謝をいかに上げて脂肪燃焼を狙うかが勝負。そこでより代謝を上げるために鍵を握ると言われているのが、腸を整えること! 

 料理研究家の木下あおいさんによれば「腸は幸福感の90%」を作っているのだとか。どうやら、代謝アップと幸せ感とは、密接につながりあるようですね。

 さあ、代謝アップしてダイエットを成功させるために、腸に良く、体が欲するものを食べて楽しくダイエットに励みましょう!