『龍が如く6』×山下達郎もいいけど『マフィア III』も最高!音楽にシビれる海外ゲーム5選

写真拡大

 人気ゲームシリーズ『龍が如く』の最新作『龍が如く6 命の詩』(12月8日発売)に、山下達郎が楽曲提供をするという驚きのニュースが飛び込んできた。

 主題歌の「蒼氓」をはじめ、「希望という名の光」、「飛遊人―Human―」、「片想い」、「アトムの子」といった名曲が彩る極道の世界。一見ミスマッチに思える組み合わせだが、ゲームとミュージシャンそれぞれの違った一面を引き出す、面白い試みとなるかもしれない。

 こうしたコラボを考える際、外せないのが海外ゲームにおける音楽の扱いだ。特に、実在する都市をモチーフにした作品では、音楽の使い方次第で説得力に差が出てくる。ファンタジーではごまかしの効かないニュアンスを、楽曲が補うのだ。選曲の良し悪しがその世界に入りこめるかどうかの分かれ道となる。

 というわけで、いわゆる“箱庭ゲー”の名作から、音楽が印象深いシーンをいくつか振り返ってみたい。

◆.泪侫ア III  ほとんど映画

 こちらは10月27日に国内発売予定の新作。物語の設定は1968年。舞台のニューボルドーは、ニューオリンズを模している。いくつかアップされているトレイラーから確認できるのは、ダスティ・スプリングフィールド、ジミ・ヘンドリクス、アニマルズといった60年代のロックナンバーの数々。

 前作のルイ・プリマとあわせると、マーチン・スコセッシかクエンティン・タランティーノの映画と見紛うばかり。

●『マフィア III』トレーラー「戻る道なき者」

●『マフィア III』 Worldwide Reveal Trailer

◆Grand Theft Auto Vice City Stories フィル・コリンズ本人が登場

 殺し屋に命を狙われる本人役で登場したのが、フィル・コリンズ。ゲーム内のミッションをクリアすると、助けてくれたお礼に大ヒット曲「In The Air Tonight」を演奏するオマケつき。時代設定が1984年なので、フィルもフッサフサ。

●GTA Vice City Stories - “In The Air Tonight” - Phil Collins Concert

◆Grand Theft Auto 4 シリーズ史上最高のエンディング

 同じくGTAシリーズから、ニューヨークをモデルにした架空の都市「Liberty City」が舞台の作品。エンドロールの中盤で、その美しい街並みとともに流れるのが、イギリスのバンド・Helloの「New York Groove」。長時間のプレイから解放されたのと、名残惜しいのが入り混じった気持ちにフィットする選曲だ。

●GTA 4 - End Credits (1080p)

http://youtu.be/kbmz7_PC6Yc

Saints Row 絶妙なクラシック使い

 箱庭ゲーの中でも、特におバカ度の高いシリーズ。ただ、新作が出るたびに“バカをやらされている”システムになっていったのは残念だ。その意味で、第1作のようなバランスがちょうどよかったのではないだろうか。

 要所で効いていたのが、クラシック音楽。特にカットシーンで流れるドリーブの「Flower Duet」は、今でもふと思い出すほど効果的だった。

●Saints Row - 50 - Battlefield Promotion

◆Red Dead Redemption ゲームに負けなかったオリジナルソング

 最後は、西部開拓時代のアメリカが舞台の作品。ゲームそのものもさることながら、岩山に沈む夕日のグラフィックスを見るだけでも価値のある一本だ。

 そのエンディングで流れるのが、オリジナルソングの「Deadman’s Gun」。既存の楽曲からチョイスするのではなく、あえてこのために曲を作ったところに制作陣の本気を感じる。

 ヘタをするとぶち壊しかねないのだが、ここでは見事に物語を締めている。無理に20世紀初頭にこだわらず、オルタナカントリー風にしたのがよかったのだろう。

●Red Dead Redemption “Far Away” Music Video (Red Dead Redemption OST)

●Deadman’s Gun performed live by Ashtar Command

 というわけで、『龍が如く』と山下達郎のコンビも、こうした名作群に加わるだけの化学反応を起こすことができるだろうか? 12月の発売を楽しみに待ちたい。 <TEXT/石黒隆之>