入浴後や運動後など、体があたたまっているときはどうしても氷たっぷりの水を飲みたくなりますよね。しかし、冷たい飲みものは内臓を冷やすからやっぱり体によくないのでは? と思われる人もいると思います。
暑くても常温水や白湯を飲んだり、寒いからといって冷水は絶対に飲まないようにしているそこのあなた……ぜひ効果のある「冷水と白湯の飲みわけ」を試してみてはいかがでしょうか?

冷水がよくないといわれている理由

冷えた水は胃腸に負担をかけやすいため内臓を冷やすといわれています。また、内臓が冷えると血液が冷やされ体全体の血流が悪くなり寒さを感じやすくなるので、そのまま冷え性の原因へとつながることも。
このように冷水にはあまりいいイメージがありませんよね。しいていえば、夏の暑い時期ならほてった体を冷やすために飲めば一時的に癒されるくらいでしょうか。

白湯がよいといわれている理由

体を芯から温めてくれる白湯は胃腸に優しく女性の味方です。内臓も温められることで免疫力があがり病気になりにくいともいわれています。また、血流もよくなり基礎代謝もあがることからダイエットにも効果的です。
さらに、体内が温まることで精神的にも安定するので、ストレスを感じたときや食欲がおさまらないときに飲むと心がやすまります。しかし、熱すぎるお湯は逆に胃が緊張してしまうこともあるので注意が必要です。

冷水で即水分補給ができる

熱中症対策にはもちろんのこと、水分不足をすぐに解消させたい場合は冷水がとても効果的です。これから寒くなる時期ですが、まれに乾燥により脱水状態になりがちでのどがカラカラになることがあると思います。そんなときは冷水を飲んですぐに体内に水分を補給すると効果的です。
常温や温かい水とくらべて刺激の強い冷水は胃腸への通過が早いため、吸収もそのぶん早められるのです。体内に水分が不足すると肌の乾燥だけでなく血のめぐりも悪くなるので、冷たい飲みもので即水分補給をしてあげましょう。
そのほかにも、便通が悪い人が寝起きに冷水を飲むと胃腸が動いて便が出やすいともいわれています。冬場になれば常温でもじゅうぶん冷たいお水になるので、一度寝起きの冷たいお水を試して便秘を改善してみてはいかがでしょうか。

冷水と白湯を飲みわけるのが◎

冷水を飲むとよいケースは、乾燥でのどがかわいているときやリフレッシュしたいとき、または便秘の人は寝起きに飲むと◎!
冷たい飲みものでお腹のなかに刺激を与え、体内に水分を補給させてあげましょう。しかし、冷水を飲んでお腹をくだす人は胃腸が弱いため、冷たすぎる飲みものは避けて常温水で対応するのがオススメです。
白湯を飲むとよいケースは、寒い時やカゼをひいているときです。胃腸の負担が減り体温をアップさせてくれるので、ダイエットしたい人は日常的に白湯を飲むのがオススメです。このように冷水と白湯を飲みわけて、体にいいことをしてあげましょう。