21日、低金利を追い風に中国不動産開発業者は積極的に開発を進めている。当局は対策に乗り出したが、目に見える効果は上がっていない。

写真拡大

2016年9月21日、参考消息網によると、中国不動産バブルが膨張し、抑制策も効果は限定的となっている。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは19日、中国の不動産価格の高騰について報じた。中国国家統計局の最新統計によると、8月の新築住宅価格は前月比で1.3%上昇した。2011年1月以来となる高い上げ幅だ。不動産バブル過熱の傾向を見て、一部都市では価格抑制策を導入している。

上海では土地払い下げ入札を一時中止。南京や広州では住宅価格の上限を規制している。もっともこうした小手先の対策では土地価格の上昇は止まらない。根本にあるのは低金利だ。低金利で融資を受けられることで、不動産開発業者が積極的に土地を取得し、不動産価格上昇につながっているのだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)