やたら手伝いたがるくせに! 「自分のことが自分で出来ない子」を変える、簡単な方法

写真拡大

『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴です。

「怒鳴らないと言うことを聞かない子」になるのは何故? しつけを始めるタイミングとコツ

遊んだおもちゃは片付けない。自分で履けるのに「靴下履かせて」と甘えてくる。通園カバンは、自分で準備させたいけど、まったくしない。そのくせ、やたらママの手伝いをしたがる。

今日は、そんな子どもに自分のことをさせる方法をお伝えします。

手伝いたがる理由は?

なぜママの手伝いをしたがるのでしょう? 理由は二つ。

ママの仕事が簡単で面白そうに見える

ママは当然ですが、なんでも手際よく上手にしますよね。それがとても簡単で面白そうなことに見えるのです。

人のおもちゃが面白そうに見えて欲しがるのと同じように、人がしていることが面白そうで、自分もやりたくなってしまうのです。

しかも、3歳くらいになって自由に動けるようになると、子どもは自分も同じように上手にできると勝手に思い込んでいます。

結局、後で親がやり直しているなんて気づかないものね。

ママを助けたいと思っている

そしてもう一つの理由は、ママを助けたいと思っているのです。

特に女の子にはこの傾向が強いです。ママのしていることを常に観察している女の子は、ママがたくさんの仕事をこなしていることにも気づいています。

ですから、ちょっとでもママを助けてあげたいと純粋に思っていることが多いのです。

なぜ自分のことはしない?

親としては、着換えや片付けや登園準備など、自分のことを自分でしてくれる方がよほど助かるのに、なぜ子どもは自分のことはしないのに手伝いたがるのでしょう?

それは、自分の仕事はある意味“義務”ですよね。ママも家事をするのは、しなければならない仕事だと思っているからではありませんか?

中にはすべての家事を心から楽しんでやっているママもいるかもしれませんが、たいていはやらなくて済むならやりたくない仕事もありますよね。

子どもは正直ですから、言ってみれば「やりたくない仕事はやらない」と言うだけのこと。幸いなことに、叱られるのさえ我慢して拒否し続ければ、仕方なくママがやってくれるかもしれないですしね。

子どもに自分のことをやらせるには?

ママが助かっているのだと伝える

子どもが自分のことを自分でしてくれると、ママは大助かりなのですが、子どもには、それが、ママの役に立っているとは思えないのです。

自分でお片付けをしても、自分で靴下を履いても当然のこととしか思ってもらえない。でも、ママのお手伝いをしたら、ママに喜んでもらえて褒められる。

どちらが気持ちのいいことかわかりますよね。

そこで、子どもに自分のことをやらせるには、子どもがちゃんと自分のことをした時に、「○○ちゃんが自分でお片づけしてくれてママすごーく助かるわ」とか「自分で靴下履いてくれたら、ママもママのお仕事できてうれしい」などと言って、それがママの役に立っているのだと教えてあげましょう。

お仕事交換をする

そして、もう一つは、時間のある時に、お仕事交換をしてみてください。

子どもがするべきお片付けをママがしてあげる代わりに、ママがするべき仕事、例えば拭き掃除とか、洗濯物をたたむなどを子どもにしてもらうのです。

ママの仕事は、子どもには面白そうに見えます。ですから、最初は子どもは喜んでしてくれます。

でも、実際はそんなに楽なものではありませんから、すぐに飽きたりギブアップするでしょう。

うまくいけば、ママの仕事もたいへんで、実は自分のことを自分ですることが、ママの役に立っているのだと、自分で気づいてくれるでしょう。

まとめ

いかがですか?

「片付けなさい!」「自分でやりなさい!」と叱ってばかりではなく、こんな方法も試してみてくださいね。