【衝撃】風呂に入りながら風呂にチキンラーメンを入れて風呂で食う!

写真拡大

温かい湯船に浸かってリラックスするひと時って最高ですよね。ゆっくりくつろげば一日の疲れがみるみる癒やされていきます。

時間がもったいない?



しかし、残念ながら忙しくてなかなかお風呂にのんびり浸かっていられないという方も多いのではないでしょうか。少しでも睡眠時間を確保するために、仕事から帰宅してもお風呂はシャワーだけ、ご飯をササッと食べてすぐ寝る……。少しでも多く寝たい気持ちはわかりますが、これではなかなかリラックスができません。

ご飯とお風呂を同時に済ませる



ご飯やお風呂をじっくり楽しむ時間がない。現代人の辛い悩みです。しかし、こんなときこそ逆転の発想をしてみましょう。ご飯とお風呂を同時に済ませてしまえば、大幅に時間短縮ができるのはず。つまり、お風呂に入りながらご飯を食べることができれば、時間がない中でもお風呂でのんびりリラックスができるのです!

お風呂でチキンラーメンを作る





そこで、手っ取り早いのが日清食品のチキンラーメン。チキンラーメンを湯船の中にブチ込んで調理すれば、お風呂に浸かりながらチキンラーメンを食べることができるのです!

味もしっかり感じられるはず



チキンラーメンを調理するのには本来400ミリのお湯があれば十分なのですが、湯船に入っているお湯は400ミリどころではありません。普通のインスタントラーメンであれば間違いなくスープが薄まり、麺の味しかしないでしょう。

ところがチキンラーメンは麺自体に味付けが施されているため、湯船で調理しても味を感じられるはず! もしかしたら人間のダシも加わってより滋味深くなるかもしれません。

早速調理スタート





というわけで早速調理を始めてみましょう。本来なら熱湯でお湯を張りたいところでしたが、さすがに熱湯に人間が入ったら死にます。テレビで熱湯に入る演出を見かけることがありますが、あれは熱湯ではありませんからね。ギリギリのラインということで48度に設定して調理をおこない、入浴直前に少し温度を下げることにします。

湯船にチキンラーメンを投入!



お湯の準備ができたところで、いよいよチキンラーメンを湯船に投入します!







たっぷりと張られたお湯の中に投入される1人前のチキンラーメン。なんだかチキンラーメンそのものが優雅に入浴を楽しんでいるようにも見えてきます。

フタをして3分待つ





チキンラーメンの本来の調理法はどんぶりにチキンラーメンを入れ、お湯を注いでフタをして3分待つというシンプルな方法。湯船でもそれにならい、フタをして3分待つことにしました。さあ、チキンラーメンはしっかり仕上がるのでしょうか!?

3分後……



そして3分経過。フタを開けて中の様子をうかがってみると……



そこにはいい感じに麺がふやけたチキンラーメンが! スープとなる部分はまわりにしみ出てしまっていますが、それでも麺の色はまだまだ茶色いので味が残ってそうな予感です。続いて湯船にオッサンを投入し、お風呂でリラックスしながらチキンラーメンを食べてもらいましょう!

なかなかいける!





早速「熱っ! 熱っ!」と声を出しながら湯船に浸かり、調理されたチキンラーメンを箸でつまんで食べ始めるオッサン。感想を聞いてみると「いやあ、風呂に入りながらラーメンを食べられるなんて幸せッスね! 麺はしっかり食べられる状態になってるッス。ただ、味は普段のチキンラーメンと比べると若干薄めというか、上品な感じがするッスね。味がしないわけじゃないッスけど……」とのこと。入浴しながらラーメンを食べられるメリットは十分感じているようですが、味は及第点というところでしょうか?

生卵を投入してみる





しかし、現在の状態ではまだチキンラーメンの完成形ではありません。やはりチキンラーメンには卵を入れないと! 生卵も湯船にブチ込みたいところでしたが、さすがに卵1個を湯船に入れても何も変化がなさそうだったので、どんぶりに移してから卵を投入してみました。

オッサン大満足!!



「ああーーーっ!! これッスよ! これこれ!! チキンラーメンはやっぱり卵が入って完全体になるッスね〜!!」とオッサンは笑みを浮かべながらズルズルとラーメンをすすっています。



ラーメンを完食した後に再度感想を聞いてみると、チキンラーメン風呂に入浴したことでお肌もなんだかしっとりした上に、チキンラーメンの塩分で普段より発汗作用も感じられたとのこと。すごい、いいことばかりじゃないか!

忙しい現代人にオススメ



ゆっくり入浴しながらでおいしく食事を済ませられることにより、得られる効果はまさに一石二鳥。平日は時間がないと嘆いているサラリーマンやOLの方にはオススメです。掃除は若干大変になるかもしれませんが、それでもオススメです。

オススメですが、絶対に真似しないでくださいね。オススメしといておかしいと思うかもしれませんが、絶対に真似しないでください。だって汚いだろ!!

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/