ポスト中居?4位村上信五「司会者として大成しそうなジャニーズ」TOP5

写真拡大

いまや中堅司会者として、アイドルの枠を超えて大活躍している中居正広。年内で解散することが決まっているSMAPですが、解散後もこのまま司会者として活躍できるのか?

それとも、新たなジャニーズ事務所のタレントが、“ポスト中居”として台頭するのか……。

そこで今回『VenusTap』では、一般男女500名に「中居正広に続き、司会者として大成しそうなジャニーズメンバーは?」という独自アンケートを実施。気になるランキング結果をご紹介します。

■1位に選ばれたのは慶応卒キャスター櫻井翔

<司会者として一番大成しそうなジャニーズメンバートップ5> 

1位:櫻井翔(102人)

同率2位:井ノ原快彦・国分太一(82人)

4位:村上信五(66人)

5位:中丸雄一(32人)

ダントツだったのが、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターとしてもお馴染みの櫻井翔。慶應大学卒の知性、上品で可愛い容姿は、司会者として安定感さえ感じさせますよね。

父親の桜井俊氏は元官僚で、元総務事務次官という官僚トップに昇りつめたほどのエリート。経歴、好感度、安心感ともに、ジャニーズの中の“司会者班”として、頭一つ抜けた存在のようです。

■同率2位はどちらも“朝の顔”井ノ原快彦と国分太一

同率2位は、ともに40代のベテラン、V6の井ノ原快彦(40歳)とTOKIOの国分太一(42歳)。以前、『タイノッチ』(TBS系)というバラエティ番組を持っていた友人同士でもあります。

『あさイチ』(NHK系)の有働由美子とのコンビネーションが主婦に大人気のイノッチと、『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で真矢ミキとともにMCを務める国分。ともに、真面目そうな好青年、かつ癒し系キャラで、スポンサー受けもよさそう。

年齢が上がっても変わらぬ人気を保ちそうな面々です。

■ビートたけしやマツコもMC力を絶賛! 4位は関ジャニ∞村上信五

マツコ・デラックスとの軽妙な絡みが人気を博している『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)、大御所ビートたけしとともにMCを務めたスペシャル番組『日本テレビ+ルーヴル美術館特別番組 世界極限アーティストBEST20』(日本テレビ系)などで、そのトーク力を絶賛されているのが村上信五。

ビートたけしは、「ユーモラスかつ軽妙な語り口」とそのMC力を高評価しているが、大御所との絡みにも臆せず虚勢もはらず自然体で楽しむ姿からは、ただならぬ度胸とトークスキルを感じます。

いかがでしたか? エリートアナウンサー風の櫻井から、真面目な好青年イノッチ、隣のお兄ちゃん風の国分に、関西の雄弁系村上と、個性はバラバラであるものの、好感度の高さは共通の面々。

できることなら“ポスト中居”ではなく、中居正広と肩を並べて活躍して欲しいものですね。