ダイエットをするうえで、飲み物選びは大切です。いくら食べ物に気をつけていても、ダイエットの足をひっぱるドリンクを飲んでいれば、効果は得にくくなります。

そこで、ダイエットにイイ飲み物だけではなく、控えるべきドリンクも覚えておきましょう!

■ダイエットに効果的な飲み物7つ

「痩せたい」と願うなら、普段飲んでいる飲み物を、ダイエットに効果的な飲み物に変えていきましょう。いくつか種類があるので、飽きる心配もなく取り入れられますよ!

(1)白湯

白湯とは、一度沸騰させて冷ましたお湯のこと。体の内側から温まって代謝が高まります。白湯を飲むタイミングや量は、朝・入浴後・就寝前にコップ1杯ずつが最適です。肌荒れや便秘解消にも役立ちますよ!

(2)炭酸水

炭酸水は特に食前がおすすめ。代謝が高まって老廃物の排出もスムーズに! 注意点はコップ2杯の量を目安に飲むことです。少量の炭酸水だと、逆に胃の働きを活発にして食欲増進の恐れが……。500cc程度飲むと胃が膨らみ、満腹感を覚えるので、食事を節制したい場合にはおすすめです。

(3)抹茶

抹茶も代謝を高めて、痩せやすい体に導いてくれるドリンク。少し前から、海外モデルの間でブームになり、ファッションショーの舞台裏でも飲まれているとか! 飲み方は牛乳や豆乳と混ぜたり、味噌汁に加えたりするのも意外とおすすめです。

(4)コーヒー

コーヒーは運動前に摂取しましょう。コーヒーに含まれるカフェインは脂肪を燃えやすくする効果が期待できます。運動する30分前に飲むとダイエット効果が高まるので、ぜひ試してみてください。

(5)フルーツウォーター

フルーツウォーターとは、フレッシュフルーツをカットして水に入れてしばらく置いたもの。水にフルーツのビタミンが溶け出て、ビタミンを補給しながら代謝を高めることが可能です。低カロリーなのも嬉しいポイント。おすすめの組み合わせはラズベリーやブリーベリーにキウイをプラスしたもの。他にもパイナップルとローズマリー、アメリカンチェリーと薄くスライスしたショウガも合いますよ。

(6)ココナッツウォーター

今やダイエットドリンクとして日本でも注目が高い、ココナッツウォーター。「飲む点滴」とも呼ばれる栄養価の高さが特徴。代謝を高めるほか、ダイエット中に不足しやすい鉄分やカルシウムなどの栄養補給にも役立ってくれます。

(7)コールドプレスジュース

美賢者の間でジワジワと人気が高まっている、コールドプレスジュースは、水を使わずに野菜や果物を圧搾して作ったドリンク。野菜や果物の栄養をしっかり摂れるのが特徴です。代謝を高めることはもちろん、栄養補給としても最適。コールドプレスジューサーを購入して、自宅でも作ることができます。

■飲み過ぎはNG!ダイエットの邪魔をするNGドリンク5つ

ダイエットに効果的な飲み物とは反対に、ダイエットを邪魔する飲み物もあります。せっかくのダイエット効果を台無しにしないように、飲み過ぎには気をつけましょう。

(1)市販の野菜ジュースやフルーツジュース

「今日はコンビニで買った野菜ジュースで手軽に野菜不足を解消しよう」という日もありますよね。ですが、市販の野菜ジュースやフルーツジュースは、製造過程で栄養成分が壊れてしまうものも多く、頼り過ぎるのはあまりおすすめできません。野菜や果物の栄養素をしっかり摂りたい場合、ジュースを手作りするか、丸ごと食べることをおすすめします。

(2)砂糖入りのソーダ

炭酸水だけでは味気ない、物足りないとソーダで代用していませんか。でもこちらも要注意! ソーダには砂糖が多く含まれているものもあり、多量摂取は肥満につながる可能性が……。「炭酸水の代わりに飲む」というのは控えましょう。

(3)砂糖入りのフレーバーウォーター

みかんやりんごなどのフレーバーウォーターですが、この中にも要注意なタイプがあります。ダイエットに最適なフレーバーウォーターがある一方で、中には糖分が大量に入っているものも。原材料をチェックして糖類(果糖、砂糖)の記載がある場合は要注意です。

(4)糖質or糖類オフ飲料

ダイエット中は、糖質オフ飲料を選びがちです。ですが、オフだからといって“ゼロ”ではありません。もちろん通常の飲料よりは糖質は控えめですが、糖質ゼロや糖類ゼロと言っても消費者庁の栄養成分表示制度により、食品100gもしくは飲料100mlあたり糖類0.5g未満(<糖質の場合>食品100gもしくは飲料100mlあたり0.5g未満)であれば、ゼロと表記しても良いとされているのです。

たとえば500mlのペットボトルの場合、最高で2.5g、小さじ1杯弱の砂糖が使われている可能性があるのです。つまり、これらを毎日飲み続ければしっかり糖類や糖質を摂ることに……。

(5)コーヒー+クリーム、砂糖

ダイエットにコーヒーは有効ですが、クリームや砂糖を入れるのはなるべく控えましょう。飲みやすくなるものの、乳脂肪分や糖分が多くなりダイエットの邪魔になります。ダイエット中は、ブラックコーヒーを飲みましょう。

ダイエットにイイ飲み物と避けたい飲み物を紹介しました。食べ物同様に飲み物にも気をつけて、ダイエットを成功させましょう。ただし、あまりストイックにやってしまうとストレスになることも。無理せず、ダイエットに効果的な飲み物を味方にして、痩せやすい体を手に入れたいですね。

【関連記事】

”白湯(さゆ)”を飲むだけ! スーパー”基本のき”美容法

※あまりに簡単で笑える!食前に水を2杯飲むだけの超絶ダイエット

※森星・篠原涼子…リアルに愛飲!「ダイエット&老化予防」ドリンク5選

※スムージーより簡単!ビタミン溶け出る「フルーツ水」組み合わせ5選

※舞台裏でブーム!「日本発のアノ飲み物」に海外モデルがハマる理由

※世界で「抹茶」ブームが止まらない!痩せて美肌…最強ドリンク再発見

※やっぱり飲みたい!「コーヒーでダイエット」気になる3つの方法

※ゴクゴク飲んでも「体にはイマイチ」!実は美賢者が避ける飲み物3選

※ダイエットの危険な罠!「糖質・糖類ゼロ」でもゼロじゃない事実

※糖質ゼロでも太る?実は「おデブリスク」があるダイエット飲料5つ