削るとストーリーが現れる? 名作小説100選の「手書きスクラッチポスター」

写真拡大 (全4枚)

暑さも和らぎ、読書にぴったりの季節。

本を読むのが一段と楽しくなるポスター「100 ESSENTIAL NOVELS SCRATCH-OFF CHART」を発見しました。



1605年から現在までの、世界的に有名な小説100作品をチャートにした、本好きにぴったりのポスターです。でも、ただ本をずらりと並べているだけではありません。

ニューヨークのグラフィックデザイン会社「Pop Chart Lab」が手がけたこの作品は、ただ見るだけではなく、ひとつひとつの本の一部がゴールドで覆われているスクラッチポスターなのです。



例えば、南北戦争を題材にしたマーガレット・ミッチェル作のアメリカ小説『風と共に去りぬ(Gone With the Wind)』では、原本にも書かれている象徴的な家の挿絵部分がゴールドに覆われています。

また、フランツ・カフカ作の、朝起きると虫になっていた主人公とその家族の話『変身(The Metamorphosis)』では、人間の形にかたどられたゴールドのカバー部分をスクラッチすると、虫が出てくる演出に。

こうして見ていくと、100冊全部読みたくなってしまいますね。



ちなみに書かれているレトロなイラストはすべて手書きなので、クラフト感があってグッドです。

スクラッチせずに飾るのもよし、自分が読んだ本をスクラッチしていくのもよし、すべてスクラッチして飾るのもよし、と使い方もさまざま。

ポスター単体で35USドル、額入りで84USドル〜購入できます。

日本へのシッピングにも対応しているので、気になった方は「Pop Chart Lab」のオンラインショップを覗いてみてください!

100 ESSENTIAL NOVELS SCRATCH-OFF CHART[POP Chart LAB]