21日、中国は原子力発電所計画を加速させており、今後10年で60基に建設する見通しだ。写真は江蘇省連雲港市にある原子力発電所。

写真拡大

2016年9月21日、仏国際放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)によると、中国は原子力発電所計画を加速させており、今後10年で60基に建設する見通しだ。

【その他の写真】

中国国家核発電副総経理の鄭明光(チョン・ミングアン)氏は16日、英ロンドンで開かれた世界原子力協会会合で、中国が今後10年で原子力発電所60基を建設する計画を明らかにした。5年で30基のペースで作る。

中国の原子力発電企業は、「中国核工業集団(中核)」、「中国広核集団(中広核)」などが知られている。シンガポール華字紙・聯合早報は「これらの企業が少なくとも1年に2基を建設する計画だ」と伝えた。

原発は原子力世界大手のウェスティングハウスの「AP1000」の中国版とみられる。(翻訳・編集/大宮)