スマホで再生できる自動演奏ピアノがヤマハより登場 - Wi-Fi経由で別の部屋でも生音の臨場感

写真拡大

ヤマハより自動演奏機能付きアコースティックピアノ「ディスクラビア エンスパイア」が2016年12月20日(火)より発売される。

「ディスクラビア」は、アコースティックピアノとして演奏するだけでなく、ヤマハ独自の高精度デジタル制御システムで、鍵盤やペダルの動きを正確に再現する自動演奏機能を搭載した、ハイブリッドピアノ。今回発売する「エンスパイア」は、500曲のバラエティ豊かな自動演奏のピアノ曲データを内蔵し、従来のアンサンブル伴奏データに加え、オーディオ音源も再生できるデータを初搭載している。

プロモデルでは、弱いタッチの連打を高精度に再生できる世界初の技術「ハンマーセンサーフィードバック」により、より繊細な音の表現も可能に。スマートフォンやタブレットでピアノを簡単に操作でき、例えば、ヤマハ専用のサイトで、購入した曲からお気に入りを選んで、自分だけのオリジナルプレイリストで好きな曲を楽しむことができる。

アコースティックピアノの持つエレガントなフォルムを保つため、ピアノ本体に取り付けるユニットを従来のモデルよりコンパクト化。ピアノ本体と一体化し、アコースティックピアノとしてのスマートな外観を大切にすることで、音楽を楽しむくつろぎの時間を優雅に演出した。

また、ヤマハの「MusicCast」という音楽共有システムを使用すると、ケーブル接続することなしに、モバイルアプリから操作することができる。例えば、リビングに置かれたピアノがエルトン・ジョンの曲を演奏し、それを他の部屋にいる家族がスピーカー越しに聴くということも実現される。

【詳細】

ヤマハピアノ「ディスクラビア エンスパイア(Disklavier ENSPIRE)」
発売日:2016年12月20日(火)
価格帯:1,530,000〜4,800,000円+税
※ピアノ音以外のパートを再生するときは、別売りのアンプ内蔵スピーカー(もしくは単品のアンプとスピーカー)が必要

【問い合わせ先】

株式会社ヤマハミュージックジャパン 楽器営業本部
マーケティング部 ピアノ・EKB課
TEL:03-5488-5442


[写真付きで読む]スマホで再生できる自動演奏ピアノがヤマハより登場 - Wi-Fi経由で別の部屋でも生音の臨場感

外部サイト

  • スカルキャンディーからスワロフスキーを贅沢にあしらったヘッドフォンが登場 - カパーナとコラボ
  • 新年の国内最大級EDMフェス「エレクトロックス」ディプロ、クリーン・バンディッドなど出演
  • 「ニフレル」大阪・EXPOCITYに - 水族館、動物園、美術館を超えた“生きているミュージアム”