小平智は今季初勝利へ向けて順調な滑り出し(撮影:赤澤亮丈)

写真拡大

<アジアパシフィック・ダイヤモンドカップゴルフ 初日◇22日◇茨木カンツリー倶楽部・西コース(7,320ヤード・パー70)>
 大阪府の茨木カンツリークラブ・西コースにて「アジアパシフィック・ダイヤモンドカップゴルフ」が開幕。その初日、全選手がホールアウトし、トータル6アンダーで暫定首位に立っていた小平智がトップの座を守り抜いた。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでプレイバック!
  
 小平はこの日7バーディ・1ボギーの“64”でラウンド。国内でも屈指の難コースをものともせず、今季初勝利に向けて好スタートを切った。
 1打差の2位に今平周吾、2打差の3位タイに岩本高志、アダム・ブランド(オーストラリア)、ジュビック・パグンサン(フィリピン)、若干17歳のパチャラ・コンワットマイ(タイ)ら国際色豊かな面々が顔をそろえた。
 現賞金王の谷原秀人はトータル3アンダー・9位タイ、池田勇太は川村昌弘、片岡大育らと共にトータル2アンダー・13位タイで初日を終えた。また、先週の「ANAオープン」で3年ぶりの勝利を果たしたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)はトータル1オーバー・57位タイ、2014年の覇者藤田寛之はトータル3オーバー・91位タイと両者とも出遅れる結果となった。
【初日の順位】
1位:小平智(-6)
2位:今平周吾(-5)
3位T:岩本高志(-4)
3位T:平塚哲二(-4)
3位T:アダム・ブランド(-4)
3位T:パチャラ・コンワットマイ(-4)
3位T:ジュビック・パグンサン(-4)
3位T:ティティプン・チュアヤプラコン(-4)
9位T:谷原秀人(-3)他
13位T:池田勇太(-2)
13位T:川村昌弘(-2)
13位T:片岡大育(-2)他
57位T:ブレンダン・ジョーンズ(+1)他
91位T:藤田寛之(+3)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ヨシくんMEMO #2】
欧州ツアーとの合併は白紙も…存在感強めるアジアンツアー
ツアーで見つけた旬ギアネタ【ANAオープン編】