人気コンサルの永江一石さんが、さまざまな質問に答えてくれる人気メルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』。今回は、「会社からTOEICのスコアで500点以上を求められているが、英語が大嫌い!」とお困りの質問者さんが、英語克服の方法を教えてほしいと聞いていますが、はたして永江さんが授ける「究極の英語上達術」とは?

英語を学ぶのに最適な環境とは

Question

メルマガいつも楽しく拝見しております。質問は、苦手な英語を克服するのにいい方法は何かありますでしょうか?

私は現在39歳の既婚者(娘有り)です。TOEICスコアは300台後半の反グローバル日本男子?になります。Fランのショボい大学は出てますが、英語の学習はとても苦手で困ってます。自分なりに英会話教室や、スカイプでフィリピン人とトレーニングしたり努力もしましたが、なかなか長続きしません。

この先、ほぼ使うことの無い英語をなぜ勉強しなくてはいけないのか? 山のような単語や文法を思い出すだけで吐き気がします。会社からはTOEICスコアは500必要と迫られており逃げ場がありません。私も永江さんと同じくサーファーなので、波乗りのように楽しく英会話がしたいです。

永江一石さんの回答は?

もしわたしが質問者さんの立場だったら、まずは自分を追い込む環境に身を置きますね。つまり、会社からTOEICスコア500必要と迫られているのであれば、思い切って夏休みと合わせて4週間ぐらい休みを取り、短期で英語留学して徹底的に勉強します。

例えばわたしの前のクライアントさんでセブ島の英会話教室のように、ある種隔離された環境で缶詰になるのも一つの手です。ここは超スパルタで、セブ島なので隔離されて逃げ出せません。遊びにも行けません。

これの何がいいって、まず数十万円の費用を先払いするので後に引けなくなることです。RIZAPも先に35万払うから本気でやるわけで、これが数千円の負担であれば「まあいいか」と甘えかねませんよね。初期投資が高額だと絶対に失敗できないと腹を括れますし、そのぐらい背水の陣で挑まないと身につかないんです。

また、自分だけでなく周囲も熱心に勉強しているということもポイントです。わたしも週3回ジムに通ってますが、これを自宅で同じことをやろうとしても難しいです。勉強もやはり周りの環境がやらなければならない環境に身を置くことで自分に負荷をかけている部分が非常に大きいです。

そこで夏休みと合わせて4週間ぐらい休みを取り、集中的に勉強する。会社にも「絶対結果出します」と宣言し、死ぬ気で勉強すれば300後半から100点ぐらいは上がると思いますよ。

既婚者じゃなければ、英語しか話せない彼女を作れば話せるようにはなりますがwww

image by: Shutterstock

 

『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』

著者:永江 一石

商品開発や集客プロモーションを手がける会社を設立し多くの企業のマーケテイングを行う。メルマガでは読者から寄せられたマーケティングのお悩みに対し具体的な解決策を提示。ネットショップや広報担当を中心に多くの購読者から支持されている。

≪初月無料/購読はこちらから≫

出典元:まぐまぐニュース!