新型日産セレナ登場でMクラスミニバン市場はどう変わる?

写真拡大 (全14枚)

自動運転技術「プロパイロット」のアドバンテージは大きい

日本のミニバン市場におけるボリュームゾーンであるMクラス(5ナンバー枠いっぱいのサイズ)は、日産セレナ、トヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイア、ホンダ・ステップワゴンという三強が長年に渡って競い合ってきた。そして、まさに切磋琢磨といえる進化を遂げている。

たとえば、Mクラスミニバンでは高い全高の影響でテールゲートが大きくなりがちで、駐車場でラゲッジにアクセスするためにクルマを一度前に出す必要があったりする。

その対策としてステップワゴンはハーフサイズの横開きドアの「わくわくゲート」を生み出したし、セレナは上半分を開ける「デュアルバックドア」を採用した。このように、ユーザーの不満を各メーカーが、それぞれのアイデアで解消しているのは、まさしく切磋琢磨の成果だろう。

そういう意味では、新しいほどアドバンテージがあるのは自明。先進技術装備にしても自動ブレーキは当然。ただし、トヨタはレーザーと単眼カメラの「トヨタセーフティセンスC」で自動ブレーキの対応速度は高いものの追従クルーズコントロールはつかないが、ステップワゴンはミリ波レーダーと単眼カメラの「ホンダセンシング」が用意され、追従クルーズコントロールや車線維持支援システムが装備される。

そして、セレナは「プロパイロット」という名前で高速道路の同一車線に限る自動運転技術を盛り込んだのは、ご存じのとおりだ。

一方、パワートレインについてはトヨタがフルハイブリッド、ホンダがダウンサイジングターボ、日産はマイルドハイブリッドと各社で異なるアプローチをしているのは興味深い。このあたりは価格と燃費性能のバランスをどこに見ているのかという違いなのだろう。

室内の使い勝手でも後発のセレナがリード

そして肝心なのはインテリア。3列目シートの使い勝手や乗り心地では、やはり新しいほどアドバンテージを感じる。なにしろセレナの3列目には前後スライド機構が備わっているのだ。もっともステップワゴンは床下収納の「マジックシート」で、他車が左右跳ね上げタイプとしているのに対して違う。このあたりもメーカーごとの考え方の違いといえるだろう。

現実的には、新車効果もあるだろうから、これまでMクラスミニバンのトップを走ってきたヴォクシーをセレナが追いつき、追い越すことだろう。ただし、日産→トヨタ→ホンダの並びで順位が固定されるとも思えない。

基本的には新しいクルマほど進化しているが、ここまで見てきたようにいくつかの点でメーカーの考え方がはっきりと別れており、どれをユーザーが評価するかは絶対的な答えはないと思える。

たとえば、セレナのデュアルバックドアが注目を集めることによって、ホンダのわくわくゲートが再評価されるということも考えられるのではないだろうか。

そんなわけで、Mクラスミニバン市場がどのように変化するのかは予想もつかない。むしろ、ミニバンのダウンサイザートレンドによりトヨタ・シエンタやホンダ・フリードの拡大が予想されている状況からすると、Mクラスミニバン市場の規模が着実に成長するとも限らない。

さらにいえば、セレナという量販モデルに自動運転技術を採用したという日産の判断は、自動運転に対する市場の受け入れ方や理解度を変えてしまうかもしれない。ミニバン市場だけにとどまらず、国内市場全体の変化を呼び込むモデルとして、その評価やセールス状況には大いに注目していきたい。

(文:山本晋也)