知らなかった!犬用ガムの危険性

愛犬の歯のケアで最もメジャーな犬用ガムは、ストレス解消やおやつとしても人気の高い製品です。
でも実は、アメリカではその犬用ガムの危険が広く報道されているのをご存知でしょうか。
CNN-newsは「犬用ガムによって40匹の犬が開腹手術を受け、そのうち13匹が死亡した」と報道し、アメリカの愛犬家を震撼させました。

どうなっちゃう?

過去日本において、犬用ガムによって起こってしまった痛ましい症例です。

・歯が折れる、欠ける
・消化不良     ・嘔吐
・下痢       ・窒息
・食道閉塞     ・腸閉塞

これらの場合、最悪開腹手術をしないといけません。

なんでそうなるの?

ここまで恐ろしい事態だと、どういう経緯でそうなるか気になりますよね。
症状別に原因は三通りあるため、それぞれご紹介します。

消化不良、下痢、嘔吐、腸閉塞

私達も普段飴やガムなどを飲み込んでむせてしまう事は、誰もが1度は経験したことがあるのではないでしょうか。
誤って飲み込んでしまったガムは、実は犬の胃液では溶けません。
1度や2度ならまだしも、これを継続的にやってしまった場合、お腹の中が悲惨な事になるのは、容易に想像ができます。

歯が折れる、欠ける

元々犬の歯は、狩りをして獲物の肉を切ったり、ちぎったりする役割を果たす為のものです。
うさぎやモルモットなどのげっ歯類とは違い、とても固いものをゴリゴリ齧る事は本来適していません。
しかし、犬用ガムは手に取った方なら分かる通り、とても固く乾燥しています。
まだ歯が未熟なパピーには特に注意が必要です。

窒息、食道閉塞

ガムを犬が齧ったり舐めたりする事によって、少ない唾液で適当に湿ったガムは非常に強い粘り気を持ちます。

これが喉や口の中にくっ付いたりする事によって上記の症状のようになります。
中には手で取れないほど強くくっ付いて、ペンチで剥がしたという症例もあります。

解決法

ガムを噛んでいる時は目を離さないガムを購入する時、愛犬の犬種や体格などを考慮して適切なサイズのものを選ぶ何か異変を感じたら、引っ張ってガムを引き抜くなどの対象をするか、すぐにかかりつけの動物病院に行く

これまでご紹介した通り、もしも犬用ガムを与える場合には充分に注意が必要です。
中には命を落としたわんちゃんがいることをしっかりと肝に銘じて、飼い主さんの監督下で行いましょう。

一方、「ガムは必要ない!」という声も

犬用ガムの危険に対し、歯磨きやストレス解消に鶏や豚の骨を与える飼い主も出てきました。

やり方はとってもシンプルです。

〃椶籠擇旅を沸騰したお湯で10分ほどボイル
△湯から上げた骨を枝切りバサミでカットしわんちゃんに与える
※鳥の骨は加熱すると縦に割けやすくなるという意見もあり、また、骨の太さなどでも割け方が変わってくる場合がありますので、わんちゃんにあげる前に一度ご確認ください。

たったこれだけ。
粘性が無いため事故が起こりにくく、また添加物や化学物質が不使用なのが注目されています。
しかし、どちらにしても誤飲や噛みちぎって鋭利になった部分での、口内や体内での怪我には充分注意が必要です。

まとめ

健康の為にと与えた物によって、わんちゃんの命をも脅かす危険がここまで付きまとうなんて、想像もしなかった飼い主さんがほとんどなのではないでしょうか。
私自身も、この記事を書くまで全く知りませんでした。

普通にペットショップやホームセンターなどで手に入るペット用品などは、ある程度怪我や病気などの危険を考慮し、可能な限りそれを排除しているものと思い、私達は買い物をしています。
ですから、まさかその物自体が危険を孕んでいる事など夢にも思わないでしょう。

「愛犬の歯の健康を守る」という点では、やはり専門家に頼むのが一番安全で確実なのではないかと私は思います。
お医者さん嫌いのわんちゃんであれば、自宅でできる簡単な歯磨きの仕方をレクチャーしてもらい、お家で実践するのも1つの手です。

私はこの方法をとっていますが、わんちゃんも知らない人に口の中を触られるよりはストレスが少ないかなと思います。

最後に、犬用ガムとは元々歯の健康の補助として使うものです。
ガムを与えていれば、それだけで歯磨き100%と言うわけではないので、定期的にきちんと動物病院を受診し歯の健康をチェックして貰うことが不可欠です。
そして、場合によっては適切な処置を受けて下さいね。