愛犬が2匹に増えて、キャリーバッグを二つは大変なので、今回はペットカートを使った初の帰省。
ペットカートで新幹線に乗る時の準備や、実際に帰省してみた感想をお伝えします。

愛犬2匹との帰省の準備

ペットカート購入 

まずは新幹線に乗せられるサイズのペットーカートを購入することにしました。

長さ70儖米癲▲織謄茱街發気旅膩廚90冂度のケースに入れたものケースと動物を合わせた重さが10坩米發里發

上記の条件を踏まえて悩みに悩み、私は「コムペットミリミリ」に決めました。
サイズ的には少しオーバーしていましたが、調べたら、ある程度となっていてそこはグレーゾーンみたいなので...。
でも当日指摘されて乗れないなんてことになったら悲惨なので、念の為、オプションのフラットカバーも購入して持参しておきました。(これはお座りではなく、フセの状態でいないといけないので犬達には厳しいです)

購入の決め手にとなった事本体とキャリーが驚くほど簡単に取り外しできる(お店で確認済み)ベビーカー大手のコンビなので信頼できる軽い(5.2圈頬楝里幌を閉めた状態でも広くて余裕がある押し心地がとてもスムーズ   ペットカートに慣らす

新幹線に乗る前に、まずは愛犬達に慣れてもらおうと、アウトレットモールに行ってみました。
ヨーキーの方がカート自体に吠えますが(笑)自分が乗っている分にはご機嫌でした。
マルチーズの方は気に入ったみたいで終始ご機嫌♪
ただ飛び出し防止リードが最長にしても短くて、犬にきつく絡まったりしていたので、普通のリードを付けて周りに結んでおきました。

幌を閉めた状態に慣らす

公共の乗り物ではペットは顔を出してはいけないので、幌を閉めた状態で家の周りを数日間お散歩しました。
最初、「二匹とも見えない!閉鎖的!」と窓をほりほりして暴れていました。
マルチーズは最初吠えていましたが、吠え止んだときにおやつをあげるようにしたら(おやつに目がない)吠えなくなり、次第に二匹とも慣れて暴れなくなりました。

新幹線・特急列車の座席をみどりの窓口で予約

どの席にするかは非常に大事!
いつも2列席の進行方向一番前(足元が広い)を取っているので、座席指定するならみどりの窓口に行かなくてはいけません。
えきねっとでも座席指定できるが、券の受け取りにJRの駅まで行かなくてはならない。

東京駅当日

8時10分東京駅発を予約していたが、なんと台風が関東に向かってやってきているとのこと!
犬もいるし、台風が来る前にさっさと行ってしまった方がいいと思い、新幹線を早めに変更してもらおうと5時過ぎに家を出る。
電車の中で犬達は、メッシュの窓から興味津々で覗いてご機嫌でした。

無事東京駅に到着〜。
こんな朝早くからすごい人にびっくり!
みどりの窓口で空席を聞いたら、ほぼ満席で、たまに一人席が空いているだけで、2列席の一番前の空席など皆無だったので予定通りに乗ることに。
結局は1時間待ちです!
後で知ったのですが、台風で飛行機が欠航になってしまい、新幹線に変えた人が多かったからとのことでした。どうりで…。
  
とりあえず犬達のトイレを済ませようと思い、いつも丸の内北口から皇居の方へ向かって、和田倉噴水公園あたりでトイレをさせているのですが(土じゃないとしないので)、今日は雨、しかも結構激しい(台風なので)、どうしよう?? 
とりあえず丸の内南口出たところの屋根の下でトイレシートを広げて、「トイレ♪トイレ♪」というと2匹ともしてくれました!(なんていい子達♡)

まだ1時間近くあったのでお土産を買うことに。
長女が一緒だったので買いに行ってもらい、私は犬達と人の行きかう通路で待っていました。
こういう時も、カートがあると本当に便利です。

犬達も幌をオープンにして行き来する人たちをみて、時々声をかけられ、刺激的なのか超ご機嫌でした。
でも、台風による混雑で、お土産買うのにも30分待ちでした。

まだ時間があるのでスタバでコーヒーを買うことにしたのですが、これまた20分待ち。
『犬達も飽きちゃうかな』と思いましたが、逆にこの喧騒が刺激的みたいで、非日常な雰囲気にワクワクしているみたいでした(いつもたいくつなの?)(笑)

新幹線乗車

いよいよ乗車です。
乗る前に本体からキャリーを外し、人が乗り終わったらキャリーを荷台に上げ、本体はテーブル二つを出して、そこに置いておきました。 
犬達もメッシュから私たちの顔を見れるので安心みたいです。 
全く寝ずにハァハァ言ってたので、途中で何度か水を飲ませました。
途中車掌さんが来たので手回り品として280円の代金を払いました。
その車掌さんに、「先日同じようにテーブルの上にケージを載せていた人がいたのですが、その犬がテーブルから落ちて骨折したので、足元に置いて下さい」と言われました。
犬を気遣うように言ってくれましたが、もしかしたらそのわんちゃんは大きくてテーブルが耐えられなくて壊れたのでは?と思いました。

テーブル2つで10圓泙任世ら大丈夫、と思っていましたが、確かに乗せるには大きすぎ。
犬の事しか考えてませんでした。反省です。
最初から足元に置くべきでしたね。

足元に置いたら少し不安そうでしたが、ちょうど疲れて寝始めました。

※わんちゃんホンポからのお願い…他のお客様のご迷惑にもなりますので、周りに人がいない状況でも車内ではケースなどの蓋を開けて顔を出したりしないようお願い致します。
また、テーブルにケージを乗せるのは、安全性だけでなくマナーの点でも問題になりますので、テーブルにはケージを乗せないようお願い致します。

特急に乗り換え

実家は四国なので、岡山駅で在来線特急しおかぜに乗り換えました。
こちらも一番前の席を取っていたので、同じように足元に置きました。
新幹線と比べると、こちらは窮屈でしたがなんとかギリギリ入りました。
人間の足の置き場に困りました(笑)が、でも1時間なので我慢できました。
愛犬達はこちらでも、吠えることもなく多少疲れたのか息は荒かったですが、それ以外は問題なかったです。
 

到着 

無事最寄り駅に到着。
やはり西日本ですね。東日本とはまた違う強烈な暑さです!
駅には父が車で迎えに来てくれていました。
父とマルチーズは初のご対面。
父は特に犬好きでもないのでいつも通りでした(笑)

ペットカートで帰省した感想

1匹でキャリーバッグで帰省していた時よりペットカートの方が楽でした。エレベーターを探す手間があり、どこもエレベーターまで遠いのですが、カートの動きがスムーズなのでストレスは全くありませんでした。うちの子が使っていたベビーカーより遥かにスムーズでした。たしかコンビだったのに…。どんどん進化してますね。エレベーターがすごい並んでいた時にはとっさにキャリーと本体を外して両方持って階段を使いました。軽いし、すぐ脱着できるので便利です。本体の下にメッシュの窓があってフセの状態でも覗けるのがとてもいいです。幌をボタンで完全に閉めるのですが、作りがしっかりしているので犬が開ける心配がありません。なので閉めた状態ではリードはしていませんでした。

まとめ 

長旅だったのに犬達が本当にいい子にしてくれてありがたかったです。
事前に慣らしておいたのが良かったと思います。
5月にANAが、ペットと一緒に機内で過ごせる北海道までのチャーター機を運航させて大好評だったみたいですが、それも常態化して欲しいと思いますが、新幹線もペット対応(スペースが広い)の車両があればいいな、と切に願います。

もちろん、犬の社会化のしつけがなされていて、飼い主全体のマナーアップが大前提ですが。