不思議な魅力のある生き物、クラゲ。水中をゆらゆらと漂う姿に見とれてしまう人も多いだろう。

 現在Twitter上では、そんなクラゲのなかでも特に不思議な種類のものが話題になっている。

 上記は、千葉県の水族館「鴨川シーワールド」に展示されている「コブエイレネクラゲ」。

 こちらのクラゲは日本の水族館の水槽内で発見され、1992年に報告された新種。人間の飼育下でのみ確認されており、自然界では発見されていないという不思議な生き物なのである。

 Twitterユーザーからは、「未知の存在にワクワクする」「人工生命体だったらおもしろい」といった声が上がっている。

 ペットとしても人気のクラゲ。人気の理由は、つかみどころのない不思議な存在であるがゆえなのかもしれない…。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら