NY在住の猫好き医学博士しんコロさんが読者からの質問にお答えする『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』のQ&Aコーナー。今回は「不眠症に悩んでいるが副作用の恐れがある睡眠剤は使いたくない」という質問者から「睡眠効果を謳うサプリメントに効果はあるのか?」というご質問です。現役医学博士のしんコロさんが睡眠サプリメントのポピュラーな成分3種のそれぞれの効果と気をつけたい副作用を説明してくれています。

不眠症に効果があるサプリは何?

Question

私は少々不眠気味です。

寝付くまでに時間がかかったり、すぐに目が覚めて明け方まで眠れないなどの症状です。ただ眠れない日ばかりでなく、ある程度眠れる日もあるのですが、日中はいつも眠く怠いことが多いのです。睡眠剤の類いは副作用や習慣性などがこわいので使いたくありません。

最近サプリメントで質の良い睡眠を取れるものがあるようですが、本当に効くのか?と思い試したことはありません。効き目があるのか、またどれが良質なのか教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

しんコロさんの回答

不眠症に使われるポピュラーなサプリメントには、バレリアンという薬草、カモミール(ハーブ)、そしてメラトニン等があります。

バレリアンは「セイヨウカノコソウ」とも呼ばれるヨーロッパ原産の植物です。古くから不眠症や精神不安にヨーロッパでは使用されてきました。ただし、医学的にははっきりとした効果が認められておらず、副作用もあるので使用を勧めない医師もいるようです。

また、製品によって品質がまちまちなのも問題となっています。カモミールはみなさんもハーブティーとしておなじみだと思います。ヒトではその安眠効果は医学的にはっきりとしたデータがありませんが、安全性が高いことや、動物実験ではある程度の安眠作用があることが知られています。

メラトニンは本来脳の松果体から分泌されるホルモンのひとつです。メラトニンはサーカディアンリズムという昼夜に対する生理的な反応リズムに関与していることが知らており、不眠症や時差ボケの解消に使われています。ただし、メラトニンには性腺抑制作用といって生殖腺の発達や機能を抑制する作用もあるので、摂り過ぎには注意が必要で、子供(特に男の子)には与えない方が良いという意見もあります。

ぶっちゃけ、どれも医学的なエビデンスは不足しているので「効果がある」とも「効果がない」とも言えないのが現実である一方で、経験的にこれらのサプリメントが効果を出したということも知られているので、試してみる価値はあると思います。

また、不眠は生活習慣とも関連しています。食事の時間は規則的にする、適度な運動をする、午後はカフェインを避ける、寝室ではテレビやスマホを使わない、ストレッチ、瞑想、アロマテラピーなどリラックスできる習慣を取り入れてみる、などなど、サプリメント以外にも改善できる項目が結構あります。

それでも不眠症が改善しない場合、不眠症外来に相談するのもありだと思います。精神神経科、神経内科等でも診療ができます。

 image by: Shutterstock

 

『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』

著者:しんコロ

ねこブロガー/ダンスインストラクター/起業家/医学博士。免疫学の博士号(Ph.D.)をワシントン大学にて取得。言葉をしゃべる超有名ねこ「しおちゃん」の飼い主の『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』ではブログには書かないしおちゃんのエピソードやペットの健康を守るための最新情報を配信。

≪初月無料/購読はこちらから≫

出典元:まぐまぐニュース!