プロテニスプレーヤーの錦織圭がジャガーでお台場特設コースを激走!

写真拡大 (全8枚)

ジャガーの新作SUV・Fペースで華麗な走りを披露

ジャガーが世界的に展開しているイベント「ザ・アート・オブ・パフォーマンス・ツアー」が日本に上陸。日本人初のチャレンジャーとして、プロテニスプレイヤーの錦織圭選手がレーシングスーツ姿で登場し、走りを披露した。


最新ジャガーのパフォーマンスを体験できるイベント「ザ・アート・オブ・パフォーマンス・ツアー」。世界的に開催されているこのイベントが、日本でも9月21日〜23日の3日間、東京・お台場にて開催された。

ザ・アート・オブ・パフォーマンス・ツアーはふたつのコンテンツが設定されている。目玉はスマートコーンチャレンジというタイムトライアル。しかし、タイムを競うだけではなくハンドリングの正確さなどを得点化。ジャガーのパフォーマンスを体感しつつ、自身のドライビングスキルも知ることができるというもの。

その日本第一号チャレンジャーとして登場したのが、プロテニスプレイヤーの錦織圭選手というわけだ。同社の日本アンバサダーも努め、Fタイプを愛車としている。錦織選手は初チャレンジイベントにレーシングスーツを身にまとって登場。

「初めてのレーシングスーツで気持ちが引き締まる」とコメント。Fペースのディーゼル仕様に乗り込み、初チャレンジを行なった。

ミスすることなく走りきった錦織選手は、「雨でも安定して楽しく走れました」とコメント。最新ジャガーの高いパフォーマンスを再確認したようだ。

ちなみに獲得ポイントは2万6679ポイント。このポイントに対してコメントを求められたが、「初チャレンジで比較するものがないのでなんとも……」と苦笑いしていた。

なお、錦織選手のポイントを上まわった参加者のなかから、抽選で1組2名に2017年ウインブルドン選手権観戦ツアーがプレゼントされる。


このほかにもジャガーのドライビングをインストラクターとともに公道試乗する「オンロードドライビングエクスペリエンス」も開催された。

(文:CARトップ編集部 原田貴俊)