パナマ文書に続き、「バハマリークス」公開へ 波紋を広げる可能性も

ざっくり言うと

  • 「バハマリークス」と名付けられた文書が22日、公開された
  • 「パナマ文書」に続き、波紋を広げる可能性が出てきているという
  • バハマで設立された17万5000社余りの役員名や株主などが記されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング