タマネギを切りながら涙を流す姿の美しさを競う「タマ泣き美人コンテスト」(うずのくに南あわじ提供)

写真拡大

 タマネギを切って泣く姿は、美しい。

 ゆったりとした音楽が流れる中、夕日をバックに泣く女性。そして、おもむろにタマネギを刻む。そんな姿を映像に収め、その美しさを競う「タマ泣き美人コンテスト」が、兵庫県の南端、本州と四国の間にある淡路島で行われている。

 使っているタマネギは、もちろん淡路島産だ。コンテストは、名産品タマネギにまつわる“おっタマげる”ような企画を通して、淡路島の魅力を発信する「おっタマげ!淡路島」キャンペーンの第5玉(弾)として企画された。キャンペーンを展開するのは、島内で道の駅などを運営するうずのくに南あわじ(兵庫県南あわじ市)だ。

 コンテストでは、島の風景をバックにタマネギを切りながら涙を流す姿の美しさを競う。告知CMに島出身の女優、宮地真緒さんを起用して16年7月9日(「泣くの日」らしい)から参加者を募ったところ、島内外の10〜70代、女装した男性を含む34人から応募があった。そのうち書類選考を通過した6人の人気投票が、16年9月1日からインターネット上などで行われている。

 6人は、「淡路島を好きになってPRしてくれそうか」などを基準に選ばれた。特設サイトでは、プロの映像クリエイターが手掛けた、観光の仕事をしている20代の公務員や息子たちとタマネギ作りに励むおばあちゃん、「タマネギを多くの人に食べてほしい」と願う小学生らの“泣き姿”を見ることができる。タマネギを切っているシーンもあり、それぞれに切り方が違うのも興味深い。

 特設サイトでの投票は1日1回。2週間で上位3人は3000票を超えた。9月15日からは、うずの国南あわじが運営する観光施設、うずの丘大鳴門橋記念館(南あわじ市)での投票も始まった。オニオンチップスを買うと、推したいタマ泣き美人のブロマイドがもらえ、投票できる。投票は9月30日までで、優勝者の泣き顔は、新タマネギブランドのパッケージに採用される予定だ。

 なぜこのような奇抜なキャンペーンを始めたのか。

 同社の広報を担当する宮地勇次さん(31)は「タマネギ推しでいかんで何でいくねん、ということです」と力強く語る。1年を通して温暖な淡路島で時間をかけて育てられたタマネギは、糖度が高く、甘くて柔らかい。しかし、関東などでは知名度が低く、島がどこにあるのか知らない人も多い。そんなタマネギをクローズアップし、島のことも知ってもらおう!というのがキャンペーンの狙いなのだ。

 その第1玉が、15年5月、大鳴門橋記念館に設置されたクレーンゲーム「たまねぎキャッチャー」だ。ゲーム機内には本物のタマネギがごろごろ積まれており、見事つかむことができれば景品としてタマネギ1袋(1.2〜1.5キロ) がもらえる。1回100円。タマネギは1袋500円程度のため、4回以内にゲットできれば通常のお値段よりも得する計算だ。

 ゲーム機も独自に装飾したというタマネギ愛に満ちたキャンペーンはツイッターなどのSNSで広がり、話題となった。16年8月15日までのプレー回数は9万4397回で、成功率は12%程度だという。タマネギをそこまで必要としないのではと思われる学生や若者にも好評だ。筆者が訪れた日は雨にもかかわらず多くの人がプレーしており、大阪から訪れた20代のカップルは「思ったより難しいけど楽しい!」と仲良くクレーンを操作していた。

 たまねぎキャッチャーの人気を受け、7月からの第2玉では特注の「たまねぎカツラ」を作り、道の駅うずしお(南あわじ市)と大鳴門橋記念館で貸し出すこととした。さらに8月から、第3玉として道の駅うずしおでコーンの上に生のタマネギを載せた「アイス風・生たまねぎ」(税別100円) を販売。生でチャレンジするのもありだが、宮地さんによると、持ち帰って調理するのがお勧めだそうだ。

 そして16年3月には、第4玉として、大鳴門橋記念館に高さ2.8メートル、直径2.5メートル、重さ約250キロの巨大タマネギオブジェ「おっ玉葱」を設置した。バックには鳴門海峡が広がり、絶好の撮影スポットとなっている。ちなみに近くの看板には、傷つけた場合、「淡路島たまねぎ10年分必ず買っていただきます」との注意書きがある。

 また同社は、SNSでの拡散を狙い、施設のあちこちに「#おっ玉葱」などのハッシュタグを付けた広告を設置。見た目の面白さもあり、どんどん広まっている。

 これらの取り組みに共通するのは、徹底したタマネギ愛だ。宮地さんは「もうけようとは思っていない。淡路島のタマネギを有名にして、島のファンを増やしたい」と話す。たまねぎキャッチャーの近くにはスタッフを配置し、時には取りやすい場所にタマネギを置くサービスもする。「やっぱり取ってほしいし、持ち帰って配ったり、話題にしたりしてほしい」(宮地さん)

 台風10号の影響で、全国的に野菜が品薄となっているが、淡路島に来れば、タマネギはある。タマネギ推しのキャンペーンはいったいどこまで続くのか。タマ泣き美人コンテストの行方と共に注目したい。(ライター・南文枝)