【疑問】夜間走行時の事故を減らすにはハイビームのほうが安全?

写真拡大 (全8枚)

適切なハイビームの使用が有効なことは間違いない

9月21日の新聞に、「歩行者が夜間に道路を横断中、車にはねられた昨年1年間の全国の死亡事故625件のうち、96%の車のライトがロービームだったことが警察庁の調査でわかった」という記事が掲載されて話題になっている。

警察庁では、この625件の事故のうち、ハイビームを使っていれば防げた事故もあるとみており、今日(21日)から始まる秋の全国交通安全運動において、ハイビームの使用を重点項目に挙げているとのこと。

そもそも、ロービームの正式名称は「すれ違い用前照灯」で、ハイビームが「走行用前照灯」。つまり、通常ではハイビームを使用するのが基本で、ロービームは、対向車や前走車が存在する場合、臨時に使うという位置づけになっている。

その見え方がどれぐらい違うかというと、道路運送車両法で、ハイビームの照射距離は前方100m先、ロービームは前方40m先を照らすことができるものと定められている。ロービームの照射距離=40mというのは、時速50kmで走行中だと、約2.9秒後に到達する距離。100mなら7.1秒なので、この差は大きい。

大体、照射距離の先端で歩行者に気付くことも少ないだろうし、気付いてから減速、回避のためのアクションに入るまでにもロスタイムがあることを考えると、40mではやはり足りない……。

また、照射距離が長ければ、横断しようとしている歩行者にもそれだけ早くクルマの接近を知らせることができるので、二重の意味でハイビームは安全だ。

夜間の死亡事故の96%がロービームという数字は無意味

しかし都市部はもちろん、郊外で生活している人だって、夜間、対向車や前走車がほとんどないという道路を走る機会は稀だろう。

多くのドライバーの実感として、夜間ライトを点灯するときの、90%以上がハイビームよりロービームの使用がふさわしい環境だとすると、「夜間の死亡事故の96%がロービームだった」という数字自体に大きな意味はないではないだろうか。

とはいえ、郊外でも対向車や前走車が多いシーンが増えたことで、ハイビームを積極的に使う人が減り、なかには、ハイビームとロービームを切り替えることすら知らない人がいるのも事実。

自動車メーカーも状況に合わせ、自動的にハイビーム、ロービームを切り替えるような工夫をしてもいいと思う。一部車種にはそうしたシステムが実装されているが、それが広まっていくことはこれからの課題となるだろう。

そういう意味では、これを機にハイビームの積極的な活用を呼びかけるキャンペーンは、大いに歓迎できる。同時に時間帯別では突出して事故の多い、薄暮の時間の事故減少のため、日没30分前の早期点灯で他者に自分の存在に気付いてもらうためのライトオンや、雨天時のライトオンも奨励したいところ。

同時に、無灯火の自転車の取り締まりもぜひとも強化してもらいたい。

というわけで、どんどん日が短くなるこの季節、クルマも自転車も早めのライトオン+適切なハイビームの使用で、一件でも不幸な事故を減らしていこう。

(文:藤田竜太)