いつの間にか北海道の中に何県入るか競い始めた......。そんなツイートが話題になっている。子供用に手に入れた日本地図パズルで遊んでいるうちに、「北海道の中にいくつ他の都府県が入るのか」を模索し始めたとのことで、最高記録は16個だったという。Jタウンネット編集部でも同様の品を手に入れ、実際にいくつの都府県が入るのか挑戦してみた。

計算上は21都府県が収納可能だが



実際に始める前に、まずは仮説を立ててから挑んでみたい。

国土地理院が発表した資料によると、北海道の面積は約8万3434平方km。当然ながら日本で最も広大な自治体で、日本の総面積である約37万7970平方kmの4分の1強を占め、東北6県を収容しても余裕があるほどの広さを誇っている。小さい都府県を集めればかなりの数が北海道に収まるはずだ。

すると、最も面積が小さい香川県(約1876平方km)を筆頭に、大阪府(1904平方km)、東京都(2190平方km)など、北海道には合計で21の都府県が収まることが分かった。実に全47都道府県の半数近くが入ってもまだ余裕があることから、北海道の大きさを再確認できる。

だが、これは離島部分なども含めた面積であり、各都府県の形は考慮されていない。そこでパズルの出番だ。実証のために新宿のヨドバシカメラで購入した。

都府県の中から小さい順に選び、順調に北海道に当てはめていったのだが、想定よりも速いペースでスペースが埋まり始めた。




まずは神奈川をはめ込んでみた

少しはみ出す分には「内部に隙間もあるから」と許容していたが、東京、神奈川、埼玉、福井、大阪、奈良、佐賀、鳥取、香川、長崎、沖縄の11都府県を入れるのが限界だった。


多少のはみ出しはご勘弁を...

製品によっては省略される地形に差が出てくるため、そうしたデフォルメの違いが表れているようで、話題のツイートの16個にも遠く及ばない結果になってしまった。

それにしても、北海道はやはりデカい......。