観光地を昔の景色で楽しめる

写真拡大

凸版印刷は、バーチャルリアリティ(VR)と全地球測位システム(GPS)を組み合わせた旅行者向け観光アプリ「ストリートミュージアムアプリ」の提供を、2016年9月21日より開始した。

アプリは、現存しない城郭などの史跡を高精細かつ色鮮やかにVRコンテンツで再現し、スマートフォンやタブレット端末で位置情報と連動して見ることができる新しい体感型観光アプリ。

旅行者は本アプリを利用することで、VRコンテンツや音声付き映像解説が閲覧できるほか、GPSで実際の地図と連動した古地図を表示することができる。史跡ごとに個別に提供していた機能を1つのアプリとして集約することで、旅行者の利便性を向上させる。

本アプリの提供に際し、まずは江戸城、和歌山城、福岡城、肥前名護屋城(佐賀県)、高松城、屋嶋城(香川県)の6名城をラインアップ。

今後、「ストリートミュージアムアプリ」への掲載コンテンツの拡充ならびにサービスを活性化、2017年に約50コンテンツの掲載、10万ユーザーの獲得を目指す。

利用料金は無料。

OS:iOS 8.0以降(一部未対応機種あり) ※Androidは順次対応予定