写真提供:マイナビニュース

写真拡大

朝晩の風も涼しく、日に日に秋めいていきますね。衣替えの時期がやってきました。また暖かくなってきた頃に気持ちよく着られるよう、この春夏に活躍してくれた服はしっかりとケアして収納しましょう。今回は、東急ハンズで販売されている商品から、衣替えに役立つ収納・衣類ケアグッズを紹介します。服が増えてきて初めて衣替えに挑戦する、という人もこれだけあれば安心ですよ!

○ハンズオリジナル「ランドリー洗濯用洗剤」

夏に活躍した衣服には、汗が染み込んでいます。衣替えで収納する前に、しっかりと洗濯をして汚れをリセットしましょう。

ハンズオリジナルの「ランドリー洗濯用洗剤 820ml」(1,382円)は、100%植物由来の界面活性剤を使用した洗濯用中性洗剤です。無香料、ノンシリコンのため、子どもの衣類を洗っても安心。

界面活性剤に加え、皮脂汚れや食品汚れを分解する酵素のほか、オーガニック認定されたサポニンと呼ばれる洗浄成分をはじめ、3種類の抗菌作用のある天然成分も配合されています。

また、蛍光増白剤を配合していないので、麻・綿などの生成り色の服にも安心して使えます。ボトルを押しただけで簡単に出せる計量キャップなので、洗剤を入れすぎる心配もありません。

○ウエキ「ドライニング液体タイプ」

デリケートな"おしゃれ着"の洗濯には、ウエキの「ドライニング液体タイプ 500ml」(1,620円)がオススメ。「ドライ」マークの衣類が家庭で簡単に洗えます。つけ置き洗いで汚れが落とせるので、生地を傷めず、型崩れも防げます。普段着なら洗濯機洗いもOK。

主原料は天然のオレンジオイルとヤシ油で、手肌にやさしい配合。オレンジオイルが繊維の細かな目まで浸透し、油性の汚れも水性の汚れも取り除きます。リン・フロン・LAS・蛍光剤は不使用で、環境面に配慮しているのもポイント。

水20Lに対してドライニング10mlの場合、1回の洗濯でセーターなら約3着相当、スラックスなら約5本相当、ブラウス・シャツなら約10着相当の衣類を洗えます。シミ抜きや、えり・そでなどの部分洗いにも使用可能なので、用途は幅広いですね。

なお、素材や加工によっては使用できない衣類もありますので、製品の注意書きは使用前によく確認してくださいね。

○アール「衣類用圧縮袋L」

洗濯が終わったら、次のシーズンまでしばしの別れ。収納の際は、アールの「衣類用圧縮袋L」(699円)が便利です。衣類の体積をぐっと減らして、省スペースに収納が可能。手で押すだけでしっかり圧縮できるので、旅行や出張にも便利です。

また、空気を押し出して圧縮するため、ダニやカビ、湿気にも強いのがうれしいところ。密封作業は固定スライダーで簡単に、しかも繰り返しできます。下着なら6〜12枚、バスタオルなら1〜2枚、セーター・トレーナー・フリース・パジャマは各2〜4枚入る収納力を持っています。

○吉川国工業所「サッ取り Tシャツケース」

衣替えといっても、1年を通して活躍する服もありますよね。秋冬でも着るかもしれないTシャツは、すぐ取り出せるよう整理しておくといいでしょう。吉川国工業所の「サッ取り Tシャツケース」(874円)は、タンスやクロゼットの引き出し内を整理整頓するのにぴったりな収納ボックスです。

スライドパーテーションで収納物をきちんと立たせることができるので、衣類の型崩れを防ぎ、特にTシャツを整理するのに便利。仕切りが2枚ついており、収納するものの大きさに合わせてスライドできます。

○ショウジワークス「洋服ブラシ CB-1 ウール・混紡用」

夏服との入れ替えで、秋からはジャケットなど上着の出番が増えますよね。久しぶりにおろした上着は、着る前にブラシをかけながらコンディションをチェックしましょう。

東急ハンズのオススメは、ショウジワークスの「洋服ブラシ CB-1 ウール・混紡用」(3,564円)です。外側の少し固めの白豚毛で生地を起こし、内側の少し柔らかめの馬毛でほこりを払い落とします。しっかりした生地にお勧めの1本です。

夏物の洗濯や収納、秋物のお手入れまで、衣替えはやることが多いですが楽しい作業。これから迎える季節に思いをはせながら、お気に入りの服をしっかり整えてあげましょう。

※価格は全て税込。店舗によっては取り寄せになります

(沖平ミサヤ)