夫へのイライラが爆発する前に! 妻たちがやっている、怒りを抑える5つの行動

写真拡大

妻にとって夫は大事な存在です。一緒に暮らしていると、楽しかったり安心感をおぼえたり……特別な人ですよね。

実はいけないことだった!? 夫婦愛が冷める「意外なNG習慣」4つ

一方で、自分とは違う人間ですから、「合わない」と感じることもあります。当然、イライラすることもあるでしょう。

それでも喧嘩までいってしまうと大変。言葉をぶつけ合って戦うのも、その後仲直りの段取りを考えるのもけっこうハードです。

ベストは喧嘩まで発展させることなく、怒りを沈静化させることではないでしょうか。

妻の皆さんは、どのようにして怒りを消しているのでしょうか。夫への怒りを抑えたり、消したりする独自のアイデアを既婚女性に聞いてみました。

1:好きな俳優の写真を眺め、癒やしを求める

「『もーなんなの、この人!』と夫にすごくイライラするときは、大好きな俳優さんの写真集を眺めるようにしています。

写真集が手元にないときだと、スマホの画像フォルダを閲覧(笑)。心の中で『◯◯さん、私を癒やしてください』とお願いして妄想します。

イライラする現実からファンタジーの世界に逃げ込むのも、怒りがあふれているときにはおすすめです」(32歳/IT)

イラッとすることが発生しやすいリアルの世界と、うっとり感であふれるファンタジーの世界を行き来するのは賢い戦略。

癒される俳優やアイドルなどの写真を揃えておくとよいでしょう。

2:一時的に個室へ避難し、心を整える

「同じ空間にいると怒りが爆発する可能性があるので、すぐに個室に移動してクールダウンするようにしています。15分くらい閉じこもっていれば、怒りは落ち着くものだと気づきました(笑)。

気持ちを整えてから共有スペースへ戻ります」(31歳/編集)

個室のある夫婦ならこれは可能。もし、1LDKなどで個室がないという場合は、一度家の外に出てみると、気持ちをすっきり切り替えられそうです。

3:「話が通じないのは仕方がない」と諦めモードになる

「罵詈雑言を投げかけてしまいそうなときは、軽く深呼吸して『この人は未知の生物』『この人とは話が通じない』『この人は子どもなんだ』と自分に言い聞かせています。

そうすれば“仕方がない”と思えて、イライラが消えていくんですよね。諦める、というのと似た感覚かもしれません」(37歳/飲食)

「この人は未知の生物」とは、ある意味で真実です。一番身近な他人といえる夫は、それでもやはり他人で、完ぺきに理解することなどできません。

家庭をうまく回していくには、諦めも大事な感情なのだと思います。

4:無の境地にもっていく

「うちの夫は何度注意しても、お風呂上がりに体を拭かないまま、部屋中を歩き回るので、その度に床がびしょ濡れになるんです。

それに毎晩イライラさせられますが、心が乱れそうになると、5秒くらい呼吸を止めて、頭を無の境地にもっていきます。

そうして怒りが消えてから次の行動に出ると、喧嘩に到ることもありません」(33歳/主婦)

脳内から怒りの感情を吹き飛ばす作戦は人それぞれ。他には「目を閉じて深呼吸をする」といった意見もありました。

今起きているイライラする現実を一旦視界から消してしまうのも有効なのではないでしょうか。

5:飴を口に入れる

「夫に対してイライラして思わず『テメー、いい加減にしろ!』と怒鳴りたくなることもあります(笑)。

でも、そうしてしまうと険悪になり、いいことはないので、自分の中の気持ちを抑えるしかないんですよね。

私がよくやっているのは、大好きな飴を舐めて落ち着くこと。

甘いものを口に入れると心が安らぐじゃないですか。なので、好きな味の飴は何種類か買い込んでいます」(29歳/デザイナー)

怒りのスイッチが入る瞬間があまりにも多いと、太ってしまいそうな作戦ですが、ときどき怒る程度ならやってみる価値あり。

建設的な議論の伴う喧嘩であれば、それなりに有意義なのかもしれませんが、単なる言い争いや怒りのぶつけ合いの喧嘩は、エネルギーを消耗し、互いに傷つけ合うだけ。

怒りを賢く吹き飛ばして、ムダな喧嘩を避けるよう努めてみてはいかがでしょうか。