ナノ・ユニバース×セイコー 伊デザイン界の巨匠ソットサスの名作をリメイクした新作発売

写真拡大

 「ナノ・ユニバース(nano universe)」と「セイコー(SEIKO)」が、コラボレーション第3弾となる腕時計4種類を各300本限定で発売する。9月21日から9月30日まで「ナノ・ユニバース」のオンラインショップで先行予約を受け付け、10月1日からセイコー製品の取扱店舗全店で予約受付を開始。10月21日から「ナノ・ユニバース」各店舗(一部除く)とセイコー各店舗で販売される。価格帯は2万円〜2万3000円(税別)。 ナノ・ユニバース×セイコー、ソットサスの名作をリメイクの画像を拡大

 今夏発売したパイロットウオッチコレクションに続く新作モデルは、1990年代に「セイコー」とイタリアのデザイン界のマエストロであるエットレ ソットサス(Ettore Sottsass)がコラボレーションしたモデルをベースに、現代的なカラーリングとサイズ感で男女を問わずコーディネートをしやすいデザインにリメイク。オリジナルモデルと同様に、ケースに2枚のガラスを重ね合わせたシャープでミニマルなフォルムで、ガラスの裏面にはインデックスを印刷し、ガラスの中にインデックスが浮かんでいるように見えるユニークな構造を採用した。また、最上層のガラスはサファイアガラスを使用することで、サファイアガラス独特の硬質感が縁のないガラスの美しさを強調するとともに、傷が付きにくいという実用性を実現させた。 1917年オーストリアのインスブルックに生まれたエットレ ソットサスは、1939年にトリノ工科大学建築学科を卒業後、イタリア初のコンピューターELLAシリーズや、ポータブルタイプライター「ヴァレンタイン」などのプロダクトデザインを手掛けた。80年には若手建築家やデザイナーを集めて「ソットサス アソシエイツ」を設立し、奇想天外で異次元的な表現を創造した。ナノ・ユニバース先行予約受付ページ