一色(いっしき)ひつまぶし弁当 香り高いうなぎが絶品! 1944円(税込み)

写真拡大

「駅弁」ならぬ、「速弁(はやべん)」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 電車で出かける旅行の楽しみの一つにもなるおいしいお弁当の「駅弁」。実は今、高速道路のサービスエリア限定で食べることができる「速弁」に注目が集まっている。

【写真を見る】割烹 堀部 飛山濃水 食彩弁当「もみじ谷」1598円(税込) 目にも美しい秋気分満載のお弁当

中日本エクシス株式会社では、高速道路のサービスエリア限定のお弁当として「速弁」を販売している。こちらの「速弁」は老舗名店が作っていたり旬の地域食材を使い季節ごとにメニューが変わる。9月17日から発売が開始された話題の2016秋メニューは全11種。しかし、どこのサービスエリアでも購入できるのではなく、それぞれご当地の食材を使っているため購入できるエリアが限定されている。

例えば、東名高速道路の港北パーキングエリアで購入できるのは「人形町今半」の「特選すき焼丼 1545円(税込)」。日本料理の老舗、今半名物のすき焼きを気軽に楽しむことができる。また、新東名高速道路のNEOPASA岡崎サービスエリアで堪能できるのは、「おぎ乃」の「一色(いっしき)ひつまぶし弁当 1944円(税込)」。うなぎの名産地として名が知られている三河一色産のうなぎを秘伝のたれに付けこみ、備長炭で焼き上げているため蓋を開けた時の香りは感動もの。最初はそのままいただき、半分程食べたら付属のだし汁をかけてさっぱりと食べるのがおすすめの食べ方だ。

どの「速弁」を選んでも、満足できる逸品であることは間違いなし。数日前から予約が必要なお弁当もあるので事前にチェックして、旅行の楽しみを増やしてみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】