肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。

モテるという言葉はちょっと大雑把でしょうか。具体的には、見た目や匂い、男性ホルモンに違いが出るそうですよ。

女性に好印象なのは、
“カルチノイド”という成分。

Science Direct」に掲載された研究結果によると、緑黄色野菜やフルーツに含まれているカルチノイドを多く摂取することで、汗から感じられる匂いに変化アリ。

野菜やフルーツをよく食べる男性の体臭を嗅いでテストした女性たちは、こんな印象を感じたみたい。

・フローラル
・フルーティー
・甘い
・体に良い

一方で炭水化物をよく食べているという男性は、“好ましくなく、強い匂いだった”と評価される結果に…。

そのほか、この成分が肌の色にどう影響しているかも調査しており、黄色味が増してより魅力的になったとも。

うーん、やっぱり健康的な肌や匂いって大事ですよね。あながち間違いとは言い切れません。 

 肉食より菜食男子の方が、
男性ホルモンが多かった!

過去には、ビーガン男性のほうが男性ホルモンが多かったなんて研究結果も。「国立生物工学情報センター(NCBI)」に掲載されています。

調べられたのはテストステロンの量。多い人ほど“男らしい”、“肉食系だ”、という印象がついてきますが、この結果はその逆。

菜食フルーツ男子のほうが肉食よりも男らしくてモテると断言できるわけではありませんけれど、少なくとも見た目・匂いにはポジティブな影響があり、男性ホルモンの分泌を促すと考えられているのは事実。

肉食系男子・草食系男子って、意味が反対じゃん!なんてことも感じちゃいますね。肉食男子と菜食フルーツ男子なら、あなたの好みはどっち?

Reference:Science Direct,NCBI