中国国家知識産権局の申長雨局長は19日、中国は特許分野で豊富な資源を蓄積しており、発明特許の年間出願件数と国内有効発明特許件数において共に100万件を超えるという重要な突破を実現したと発表した。資料写真。

写真拡大

中国国家知識産権局(知財局)の申長雨局長は19日、中国は特許分野で豊富な資源を蓄積しており、発明特許の年間出願件数と国内有効発明特許件数において共に100万件を超えるという重要な突破を実現したと発表した。新華社が伝えた。

申局長は19日に開かれた「中国特許情報年次総会2016」の開幕式において、「中国の2015年の発明特許出願件数は110万2000件で、5年連続で世界一を維持した。国内有効発明特許件数は100万件を突破し、米国と日本に続き世界で3番目に100万件を超えた国になった」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)