何だか落ち込む…という人に!秋に食べたい「気分をアゲる」食品5つ

写真拡大

9月になり、日に日に涼しい日も増えてきましたね。過ごしやすくて嬉しい半面、「今年も私の夏が終わった……」と枯葉を見ながらメランコリーな気分になる方も多いのではないでしょうか?

でも、そんな沈んだ気分で鬱々していても、当然夏は戻ってこないし、せっかくの秋が楽しめなくなってしまいます!

そこで今回は、海外の健康・環境情報サイト『Rodale Wellness』や『WooRis』の過去記事を参考に、食べ物が美味しい“食欲の秋”に、気分が改善してハッピーになるためにぜひ食べたい食品をご紹介します!

 

■1:ヨーグルト

気分の浮き沈みは、もちろん脳だけの問題ではありません。過去記事「だから痩せないのか!“腸内環境”が体内で果たす意外な役割4つ」でお伝えしたように、なんと脳と腸はさかんにコミュニケーションを取っており、腸内細菌のバランスが崩れ腸内に悪玉菌ウヨウヨ……という状況になると、脳の働きに悪影響が出るそうです。

となれば、腸内環境の悪化で脳の働きが滞り、気分が落ち込むこともあるわけです。腸内環境を改善するためには、乳酸菌などを多く含み整腸作用を持つ、お腹に優しいヨーグルトを食生活に取り入れてみましょう。

 

■2:コーヒー

現代人にとって、コーヒーはただの飲み物ではなくライフスタイルの一部。「朝起きたらコーヒーを飲まなきゃ目が覚めない」「午後の眠気はコーヒーで醒ます」という方は多いと思います。

過去記事「“頭が冴える”は本当?コーヒーにまつわる意外な事実5つ」でお伝えしたように、コーヒーを飲むことで頭がスッキリクリアに。

また、血液の循環を改善し、脳にも多くの血液が循環するようになるため、脳の働きを改善する効果があるそうです。質のいい美味しいコーヒーを飲んで今日も1日頑張りましょう!

 

■3:椎茸

秋が深まり、日照時間が減ってくると、私たちに足りなくなるのが“ビタミンD”です。

ビタミンDは食品から十分な量を摂取することが難しい栄養素だそうですが、太陽に20分ほど当たっていることで1日の必要摂取量の90%を体内で作ることができます。

そんなビタミンDを豊富に含むのが“椎茸”、9~11月は椎茸の旬だそうです。さまざまな料理に入れて栄養を補いましょう!

 

■4:ダークチョコレート

「ああ…イライラする!“ストレスで爆発寸前のとき”摂るとよい食品6つ」でお伝えしたように、ダークチョコレートにはストレスホルモン“コルチゾール”を減少させ、不安の度合いを減少させる効果があるそうです。

ダークチョコレートを購入する際は、カカオ純度と砂糖の含有量をチェックし、純度が高く砂糖を抑えたものを選びましょう。

 

■5:ザクロ

秋に実がなる甘酸っぱいザクロは、海外では栄養価の高いスーパーフードとして注目を集めています。

その種子にはビタミンB、C、E、Kなど各種ビタミンやカリウム、食物繊維などが豊富に含まれ、また血液の循環を活発にする効果があるため、気分の改善にも効果を発揮するそうです!

アンチオキシダント“ポリフェノール”も豊富に含まれるそうで、健康や美容効果も期待できそうですね!

 

いかがでしょうか?

気分を明るくしてくれる食品は他にもたくさんありますが、注意したいのは砂糖。「タバコと同じくらい危険かも!? 砂糖が及ぼす“健康と美容の悪影響”4つ」でお伝えしたように、研究によると、かえってうつの危険を高くしてしまうそうです。

健康的でバランスのとれた食生活を心がけて、エクササイズや十分な睡眠なども心がけて、この秋も気分をアゲていきましょう!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 脱レス生活が夢の泡!? 夜のやる気を萎えさせる食べ物3つ

※ ウッ…飲んでた!美味しくても「健康に悪影響を及ぼす」NGドリンク4つ

※ またお惣菜でゴメン!ってママに朗報「身近な調味料」を使った時短料理テク3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 知らなきゃ損!今より「睡眠の質」を高めるための4つのポイント

 

【姉妹サイト】

※ 夫にどう呼ばれてる?「ウチの嫁or奥さん」が間違っているワケ

 

【参考】

※ 12 Foods That Boost Your Mood - Rodale Wellness