吉田沙保里

写真拡大

20日放送の「PON!」(日本テレビ系)で、山本紘之アナウンサーが、女子レスリング吉田沙保里選手の最近の心境を伝える一幕があった。

番組では「山本アナが行った 吉田沙保里早めの誕生日会」と題して、山本アナが吉田の誕生日会に潜入して、本人から直接聞いたというエピソードを披露した。

山本アナはまず、吉田にリオ五輪後の周囲の変化について聞いたと言い、吉田からは「みんなが優しくなった」という答えが返ってきたと伝えた。

山本アナによると、以前の五輪までは「金メダル獲っておめでとう」「強かったね」「霊長類最強だよね」など強さに対しての言葉が多かったそう。しかし、今回は「感動をありがとう」「本当にお疲れさまでした」「ワタシ泣きました」という言葉をかけられることが多かったそうで、吉田は「みなさんの優しさを感じられたオリンピックだった」と語ったそう。

さらに山本アナは「やっぱり最初は金メダルが良かったんだけれども、今となっては銀メダル、この輝きってのもスゴく好きです」と吉田が話していたと報告。

この話を聞いたビビる大木は「金(メダル)を獲った選手自体が、吉田選手に憧れていた選手だったからね」「そこがまたドラマだったな」と、リオ五輪を振り返った。

なお、吉田は焼肉、それも厚切りタン塩が好きで、肉は自分が焼きたい派、お好み焼きは広島風よりも関西風が好きだそうで、山本アナは「これ、PON!独占情報です」と報告し、笑いを誘っていた。

【関連記事】
澤穂希が上戸彩や吉田沙保里との女子会ネタを明かす「テレビで言えない話」
吉田沙保里が競泳の星奈津美に恋愛相談「競技との両立はどうしていた?」
吉田沙保里と伊調馨への結婚相手公募発言にマツコ・デラックスが不快感