「確信犯」の意味を知っている人は約3割 「ら抜き」言葉の使用も半数上回る

ざっくり言うと

  • 文化庁の国語に関する全国調査で、「確信犯」という言葉が取り上げられた
  • 正しい意味の「信念に基づき正しいと信じてなされる行為」を選んだのは3割
  • 「ら抜き」言葉を使うと答えた人の割合も、初めて半数以上を上回った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング